yukemuriのブログ

コント(ショート・ショート)と教育の基本に力を入れています。いろはカルタ随想と江戸川柳色は匂へは推敲とまとめへ。「江戸を見れば」今が分るは1年を1ページにまとめ265年分に挑戦しています。

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「え」の4 縁遠さ 5 夷講 6 江戸町

4 縁 遠 さ (えんどおさ)


  縁遠さ茶を飲みに行き行き      茶を飲みに行くだけ、期待すまい


  参考 水茶屋=現代のカフエ。茶を飲みに行くたまり場でお見合いの場所によく使わ
               れた。


  やるあても無いに今年も暮て行    親の心配どこ吹く風、また歳を取った


  あの男この男とて古くなり      めんくいだからなあ困ったもんだ


5 夷 講 (えびすこう)


  ゑびすこう信濃はめしの二日酔い   下戸は下戸なりに飯で酔いつぶれる


  参考 夷講=10月20日に商家で行う行事。人々に鯛をふるまい酒を飲ませる。
     信濃=信濃から来た出稼ぎ人。大飯食いで知られている。


  とらまへて酒をのませるゑびす講   無理矢理に接待するのも商いの手


6 江戸町 (えどちょう)


  江戸町へ戻れば初手のかほはなし   遅かったか、残念


  参考 江戸町=吉原五丁の一つの名前。大門を入って最初の町が江戸で一流の妓楼が
               多い。気に入った遊女を求めて五丁を回るがやっぱり江戸だと戻ってみればも
               う客がついている。


  思ひなし江戸町はりが強いよう    江戸のレッテルがつくだけでね格が上がる


  江戸から京までのこらずすけん也      すけん(見て歩く)だけでひやかしの客


  http://www.ctb.ne.jp/~bonta108 遊行ライフ めも句
  


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。