yukemuriのブログ

コント(ショート・ショート)と教育の基本に力を入れています。いろはカルタ随想と江戸川柳色は匂へは推敲とまとめへ。「江戸を見れば」今が分るは1年を1ページにまとめ265年分に挑戦しています。

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

いろはかるた噺考 6  「へ」

【下手の長談義】(上方)


「はなはだ簡単ではありますが、これを持ちまして私の挨拶といたします。」こんな挨拶に何度であったことであろうか。 少しも簡単であったためしはない。


 いつの時代でも何かをもって国民をコントロールしようと政権担当者は一工夫する。
 江戸時代は「仏教と儒教」によって民衆の思想統制をやっていった。おまけにキリシタンという敵視するべき目標を設定して思想統制の効率を上げた。


 そのための広告塔に僧侶を利用した。そういう僧侶を「談義僧」(だんぎそう)と言った。大方の談義僧は話し上手で、面白おかしく巧みな話術で情報活動の先兵になって普及活動に一役買った。


 権力に近づいた寺院や僧侶はやがて堕落の道をひた走り、修行を忘れた談義僧は生活が乱れ、話は下手になっていく。


 そのような社会現象をやんわりと批判したのが「下手の長談義」である。


 談義僧は後の講釈師の元祖と言われ、講談や落語の世界に取り入れられていった。


 現代の民衆のコントロールは何をもってしているのであろうか。
「進学コントロール」「就職コントロール」「立身出世コントロール」「金銭コントロール」「スポーツコントロール」といろいろと手はあるが。今、私たちは何にコントロールされているのだろう。


 仏教や儒教には、もうその力はないと思うのだが。・・・そうでもないのかな。



【屁をひって尻つぼめる】(江戸)


  出たものはどうしようもない。いくら尻をつぼめても後の祭り。


 事後処理の仕方が面白い。
「おれの屁、音は大きいけど匂いはねえだろう。」 豪 快。
「あなた気を付けてね。」「はい。」 何でも引き受ける亭主。惚れてるんだ。
「屁をひっても一人。」       笑う人がいない。孤独感があるね。
 顔を赤くしてその場から立ち去る。 可愛いね。


 江戸時代も後半に入ると退廃ムードが広がる中で、事後処理も「隠ぺい」改竄」とごまかして事後処理をしていく。現在のある状況とよく似ている現象を「屁をひって尻つぼめる」と笑いに込めて批判をしたのかも。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。