yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

つぶやき 153  しっぽ斬る 断腸(ダンチョウ)ネ

                                       作詞  藤 正吾  作曲 不詳


1 採用試験を 7度も受けた 八起できずにネ
    苦労する   ダンチョウネ


2 国の負担で 東電救い  あとは料金ネ
    上げまする  ダンチョウネ


3 アベノミクスで  デフレを抑え  物価あがってネ
    年金さげ   ダンチョウネ


4 どこもここも   不祥事だらけ  日本全国ネ
    頭下げ    ダンチョウネ


5 強制起訴で  裁判おこし  無罪無罪でネ
    しっぽ斬る  ダンチョウネ


参考 断腸=子を失い悲しみのあまり死んだ母猿の腸が細かくちぎれていたという故事から、腸がちぎれるほど悲しいこと。悲しみに耐えないこと。


 かなり若い時に鶴田浩二のダンチョネ節を聞いてより「ダンチョネ節」のフアンになってしまった。それから「ダンチョネ」のつく歌はほとんど聞いてみた。
 やはり、あの哀調のある鶴田浩二のダンチョネ節が一番だね。近頃、中条きよしの「ダンチョネ子守歌」を聞いている。どうしようもない男と女の一度きりの人生をつくづくと感じている。


YouTube  鶴田浩二のダンチョネ節 いいねえ
ダンチョネ節
中条きよしのダンチョネ子守歌  なけるね
ダンチョネ子守唄/中条 きよし cover 繕有








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。