yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

いろはかるた噺考 4  「に」

【二階から目薬】(上方)


 江戸時代の目薬のことを知らないとこの諺は理解できない。


 江戸時代の目薬は軟膏か粉であった。現代の液体の目薬なら二階からでも万が一の点眼の可能性はあるが、軟膏や粉薬では二階からは無理な話である。


 江戸時代の目薬と江戸庶民の無筆(字が読めない)者が多かった時代を背景にした「目薬」という落語は当時の社会を知っていなければ理解できない。


 目を患った男が薬屋で目薬を買ってきて効能書を見ると「めの尻にさすべし」と書いてある。この男、「め」という仮名を「女」と読んでしまったからさあ大変。
 「かかあのいる奴はまあいいよ。いねえ奴はどの女の尻にさすんだ。」なんてぶつぶつ言いながら。
 「かかあ、こっちに来てしりをまくれ。」
 「まあ、何て言う事を昼間っから、馬鹿なことをお言い出ないよ。」
 「目薬をつけるんだ。」
 「あなたの目につけるのになんで私がお尻を出すの。」
 「いいから、こっちに来て尻をまくれ。」
 「でけえーけつだなあ。ここにつけるのかなあ・・・」
 男が顔を近づけて、粉の目薬をつけると、女房はくすぐったくて我慢しきれずに一発プーとやった。瞬間、付けた粉の目薬が飛び散って男の目に。
 「なるほどこうやってさすのか。」


YouTube 小朝の目薬は面白い。
「目薬」 春風亭小朝


【憎まれっ子世にはばかる】(江戸)


 「にくまれ子」ってどんな子だろうかと考えてみると時代とともに「にくまれ子」のイメージが変わっていくようだ。


 江戸時代の憎まれっ子は体力的にも能力的にも優れていて子ども集団の中のリーダーになるような子どもであった。
 時代が代わって明治、大正、昭和の時代は江戸時代のイメージを引き受けて、「腕白」「がき大将」と手の付けられない「悪(わる)」ではあったが、将来的には出世するタイプの要素を持っていた。


 昭和の終わりから平成にかけて、腕白やがき大将から集団で憎まれることをする愚連隊や暴走族に変身していった。
「いじめ」「おれおれ詐欺」などは現代の憎まれっ子の代表的な存在ではなかろうか。


 政界のボスを見ると憎まれっ子の変遷と類似しているところがある。
腕白型の昔気質のボス。集団いじめ型ボス。オレオレ詐欺的ボス。がき大将的なボス。
社会を堂々と引っ張っていく腕白型ボス、能力と体力の充実したボスの出現を少しだけ期待している。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。