yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸を見れば 116  温故知新で想定内のことが多い

 政治家は政治経済や法律については学習が深いようであるが、日本の歴史、それも自然災害や宗教、産業、芸能、生活などについては関心が薄いようである。


 江戸116年の歴史を垣間見るだけでも現代起こっているもろもろの出来事は想定内のことになる。
 自然災害を初め、人災のサリン事件や原発事故などもすべて想定内の出来事である。


 1718年享保3年戊戌(つちのえいぬ)、米価の下落で農民の間に騒動が広がる。


 日本列島、大火、洪水、地震、噴火、一揆と大荒れにあれた。大阪の米相場が一石につき銀230匁がこの年は豊作のために銀33匁までに下落。自然災害も頻発してあらゆる規制を強めていった。
 屋敷の広さと所有数を制限。20万石以上の大名の参勤交代の従者数を削減。町々の塵芥を堀や川へ投棄することを禁止。町方の華美な服装を禁止。


 浪人の取り締まり。鉄砲と密猟者を点検。宿場の飯盛り女を取り締まる。一軒につき飯盛り女は2名以内。町火消新設=町方に組織された消防隊、初めは45組でスタート、後にいろは48組となる。


 江戸幕府開闢100年を過ぎると組織的に町の整備も進む一方。問題も多く、取り締まり、規制、禁止と幕府は政治体制の点検を徹底するようになる。


 特に不穏な動きをする浪人などの監視は念入りであった。


 江戸が抱える問題点はそのまま現代社会も抱えている。外目には見えないが不穏な動きをする人物については日常的に監視の目を厳しくして、すぐにその情報が入る仕組みになっている。


 江戸で活躍した「隠密」、現代版隠密の活躍が社会の隅々まで張り巡らされている。にもかかわらず大きな事件が起こっている。
  仕組みの上で大きな問題があるのか、また、政治家の資質能力に問題があるのか。関心のある所である。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。