yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「ゆ」の4 結納 5 夕顔 6 遊女 7 行平

4 結 納


  結納はしまっておいた心持    大切にお願いします。


  参考 結納を取り交わしたからと言って当人同士は自由に付き合えるわけではない。
             契約をしただけで親元で確かに預かってもらうということ。


  急な駆落結納とすり違い     親不孝、お許しください。


  参考 親の決めた契約に不満がある場合の抵抗。昭和の時代までその名残があった。
    中条きよしの「ダンチョネ子守歌」はよくその心情をとらえている。


    連れて逃げれば ろくでなし  捨てて旅立ちゃ 人でなし
    ふたり死んでも花はなし    思い切る気は さらになし
    ああ どのみち 男の人生は  絵にはならないヨーホホイ
    ダンチョネ子守歌


5 夕 顔


  夕顔の夜露でててら二布ぬれ    ひんやりといい気持ち


  参考 ててら=ふんどし 二布=ふたの、女の湯もじ(腰巻)
     庶民の夕涼みのひと時、日よけと実益を兼ねた夕顔棚の下、縁台で夕涼み。楽
    しみの一日の終わり。


6 遊 女


  傾城は三人あとは遊女なり     城取るか女を取るか。勿論・・・


  参考 城や国を傾けた楊貴妃やクレオパトラのような遊女を傾城といった。そんな美
    女が三人いたと。一人は仙台候伊達綱宗の高尾(3代目)と尾張候徳川宗春の春
    日野、それに姫路から越後高田に移された榊原式部大輔の10代目の高尾。


7 行 平(ゆきひら)


  行平の噂はたった二人なり     二人いれば十分だよ。


  参考 行平=在原中納言。業平の兄。行平は帝の勘気に触れ須磨に閉居させられた。
    そこで行平は汐汲みの乙女、松風と村雨の姉妹を愛した。それ以外の女性に関す
    る情報はなかった。
     一方、弟の業平は手当たり次第の女性との情報で満杯であった。



遊行ライフ 教育の基本



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。