yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ 「き」の4 起請 5 木蔵 6 北 8 帰朝

4 起 請(きしょう) 起請文の略


  起請とははだかにしょうと言ふ事か    裸は覚悟の上


  参考 起請=熊野牛王の誓紙と言う愛情を誓うための用紙。これを買って遊女と客が
    取り交わす習慣がある。きしょうは、着セヨウと音が同じで、着しょうではなく
    裸にされるのがおち。
     また、起請誓紙には鳥が沢山印刷してあり、取り交わすたびに熊野の烏が一羽
    死ぬといわれていた。


  熊野では今日も落ちたと埋めてやり    男の末路、ダンチョネ


  起請など貰ってむす子のりが来る     貧富の格差を縮めるぞ
  
5 木 蔵(きぞう)


  ひっぱいで起す娘は木ぞう也       何も考えない時がいい 


  参考 きぞう=まだ色気の付かないこと。男を起こす起こし方で女の年齢や生活が透
                 けて見える。


  つむりからまくる朝寝は女なり      寝ているのは女


  逃げ道をあけてきぞうをくどいてる    寝ているのは図図しい男
  
6 北


  おやじまだ西より北へ行く気なり     元気でけっこうけだらけ


  参考 北=吉原の異称、北里・北国とも言う。西は西方十万億土あの
     世。隠居したおやじも西より北へ足が向く。


7 吉 日(きちにち)


  吉日にいけすの鯛のさいごなり      手を合わせて寿を祝おう


  参考 吉日=よい日がら。鯛は祝い事に欠かせぬ魚。


8 帰 朝(きちょう)


  帰朝した船人うそはつき次第       現代も同じ、嘘が多い


  参考 漂流してロシアに着き10年滞在した伊勢の大黒屋幸太夫は多くの情報をもた
    らした。幕府は一般国民に知らせまいとして幸太夫は一生軟禁され1828年に死
    んだ。


  四五日は帰朝の口にまめができ      あることないことよくしゃべるわ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。