yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「あ」の4 愛想 5 相の山 6 相惚 7 痣(あざ)

4 愛 想


  あいさうにふくぶくしいと嫁をほめ   福々しい。いい言葉だ。


  参考 愛想=愛嬌、お世辞。


  愛想のよいをほめられたと思ひ     お世辞でも気分良い。


  ちっとづゝ焼くのも女房あいそ也    黒焦げに焼いちゃうよな。


5 相の山(あいのやま) 間の山とも書く


  参考 相の山=伊勢の内宮と外宮の間にある。三味線をひいて銭を乞う女が居り、
     代々お杉お玉と名乗る。お杉お玉は三味線の撥で銭を受ける特技があった。


  面白く銭のなくなる相の山       俺があててやる。なかなか。


  抜打にお杉お玉へ銭つぶて       隙を見つけて、えいっ。


6 相 惚(あいぼれ)


  相ぼれの仲人実はまわしもの      相思相愛でも仲人がいるのよ。


7 痣(あざ)


  参考 このあざは乳児の尻にある青い痣(モンゴリアン斑点)俗信として出産期に近
    くなっての交合のためと言われていた。母親が美しすぎるために夫の愛が過剰
    になる。


  あざのある子の母親の美しさ      目と目・手と手・心が燃える。


  http://www.ctb.ne.jp/~bonta108 俳号 掌 川柳名 凡太です。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。