yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

つぶやき 145 自分の意志をはっきりと言えない人が・・・

Aさん「私は、○○さんと結婚するんだろうと思います。」
Bさん「私は、○○さんと結婚します。」


Aさん「私の責任であるんだろうと思います。」
Bさん「私の責任です。」


Aさん「この件については速く対策を立てなければならないのだろうと思います。」
Bさん「この件ついては速く対策を立てます。」


 忖度の時代がやってきて特に政治家や組織のトップに立つ人の言葉づかいが気になりはじめた。


 自分の思いや考えを堂々と断定的に言い切る男性が影を潜めて、断定の助動詞の未然形に推量の特殊型助動詞「う」を添えて、自分の思いや考えを婉曲に表現する。悪く言えば「ごまかしの言い回し」である。


 そんな表現を耳にする機会が多くなった。


 説明が多く、「言い切る」断定型の表現をしない人は、特に組織のリーダーとしては信用できない。 国際的な立場で発言をしなければならない人は相手国から馬鹿にされて外交は上手くいくはずがいかない。


 組織を預かるトップリーダーは、説明を簡潔に結論は端的に「言い切る」強い姿勢を求める。「言い切る」ことができない人では発言が行動に結びつかないことが多い。


 「拉致問題は私が責任をもって解決します。」と言える人が今欲しい。
Bさん型のトップリーダーでなければ組織は潰れる。と、私は今考えている。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。