yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「こ」の4 碁 5 孝行 6 降参 7 庚申

4 碁


  御相手の碁は勝さうで考る      勝ってはまずい。どうする。


  小便に起きて女房は碁をしかり    いい加減にしてよ。


  碁かたきは憎さもにくしなつかしさ  ライバルはいい友。


5 孝行


  孝行のしたい時分に親はなし     不朽の名句。まいりました。


6 降参


  降参がすむと一度にひだるがり    敗戦の時も日本中大変だったよ。


  参考 ひだるい=腹がすくこと、ひもじい(大分方言)


7 庚申


  庚申をあくる日きいて嫁こまり    夕べがそうだったの、困るわ。


  参考 庚申=かのえさるの日。庚申信仰により身を慎む日。庚申の夜交合すると盗人
     が生まれるという言い伝えがある。よって、人々は集まって夜更かしをする習
     慣ができた。


  寝て用がないので庚申夜をふかし   夜更かしでもしないことには・・・


  こらへしょうなく盗人をはらむなり  自制心限りなきゼロです。


  庚申はせざるを入れて四猿なり    見ざる聞かざる言わざるせざる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。