yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

つぶやき 138 「考えること・思うこと」をやめることはできるのか。

 それはできない。
   しかし、考えても思ってもどうしようもない「考え・思い」を少なくしていくことはできる。
 最晩年の遊行ライフに入ってどうしようもない考えや思いを避ける手段を身につけた。


 お釈迦さまにせよ、芭蕉にせよ。彼らにとっての旅がそれであったのではないかと思う。旅という行動がどうすることもできない「考え・思い」を遠ざけてくれる。


 今、私は旅に出ることができない。


 その中で「行動」に結びつく「考えや思い」を生活の核にすることにした。考えや思いの前にすぐに行動を起こすことが健康によいようである。
 中でも「食事」と「介護」は行動が一番。
 行動を起こしながら考えや思いを巡らす。明日の献立を考えたり、母の手料理をおもいだしたりと。
 行動に結びつかない「考え・思い」はストレスばかりがたまって健康によくない。


 材料を仕込み調理し、後片付けをする。水をあたり、包丁や調理器具で指先を使う。介護でベットから車いすに移動させる。思わぬ筋力がつきそれが自分のリハビリや筋力トレーニングになっていることに驚く。


 何もかも妻にまかせて生活していた時よりも今の方がずっと健康的である。


 体調がとても良い。


 消化器系に問題があったのが解消して、ビールを飲んでも酒をのんでも下痢一つしなくなった。考えられないことである。


 体がよく動き、頭の回転も心配はない。年齢より10歳は若く見られる。


 私の健康法として「考えること・思うこと」を少なくして、ただ行動を起こすことを第一として一日を過ごそう。


 さてと、今夜の夕食の準備に取り掛かるとしよう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。