yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

つぶやき 137  AIを利用して、AIを超える人間力

 AI(人工知能)で、高学歴大量失業時代がやって来るという。大変な時代に突入しているようだ。


 どの仕事もAIをうまく利用して人手を減らしていく準備をしているそうだ。


 プログラムを書く人の道に進むのか、サーバント(召使)規則に基づいてプログラムに従って仕事をする人の道に進むのかに分かれるという。


 また、AIが真似できない仕事の方向に進むべきか。


 共感力・企画力・発想力・創造力など。人間の持っている感性や情緒は真似できないという。


 職種からいくと「政治」「教育」「福祉」「芸能」「スポーツ」などはAIを多く利用して、最終的には人間の判断と決断で仕事を進めていく。


 現代の政治などはAI時代を先取りして、AIでは出来ないところで活躍している。


 忖度・隠ぺい・改竄・嘘などはAIからかなり距離を置いたところで仕事を成就させている。


 AIは所詮AIである。


 判断と決断は私がやる。私が「正義」なのだ。


 これが今の政治の姿である。安倍晋三首相にせよ、トランプ大統領にせよそんな政治姿勢を醸し出している。


 この二人はAI時代の政治を先取りしているようである。


 その内、忖度・隠ぺい・改竄・嘘などもプログラミングができて誰もが普通に活用できるようになるのではなかろうか。


 さてさて、これから進路を選ぶ若者たちはどの道を選ぶのか新しい困難な時代になった。学校の進路指導も大きくかわる時代に来ている。


 AIを利用してAIを超える仕事はなんであろう。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。