yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

つぶやき 135  心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖

 般若心経の一節に「心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 究竟涅槃」 「心にけいげ無し けいげ無きがゆえに くふ有ること無し おんり一切てんどう夢想 くきょうねはん 」の言葉がある。


 まったく同感である。


 参考 罣礙=障碍(しょうがい)さわり、こだわり、わだかまり。
    心にけいげ無し=心になんの障りもないこと。無碍の一道です。


 こころになんの障りもない人は、恐れることがない。「障り」は人それぞれに異なります。何にとらわれているのかを知ると問題がよく見えてきます。障りのない人などは一人もいない。


 参考 一切顛倒=全てのものをさかさまに見る。無いものを有るようにみる。 
    夢想= 夢の思い。妄想。 究竟=究極、終極、最後。 涅槃=ねはん、さとり
        の世界、大安楽の境地。


 古今東西、人々は「心の障り」を脱却して平安に過ごしたいと悩み苦しみそれを脱却する修行を重ねてきた。それが仏教の歴史であろう。
 その脱却の方法を説いた基本が般若心経である。


 この歳になって、少しだけ「究竟涅槃」に至る道が分りかけて来た。その中の一つに「求めないこと」「集中すること」「任せること」「捨てること」などが実生活の中で身についてきたようである。


 とはいうものの。何か事が起こると悩み、迷い、苦しんでしまう。
 弱い体質を持っている自分を発見する。


 そんな時に「般若心経」を読み直し乗り切ることにしている。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。