yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

つぶやき 132 政治家の行動を百年は語り継ごう

 あんたのじいちゃんが「働き方改革法」をつくってくれたので、俺たち働く者は生活がよくなったよ。
 あんたのじいちゃんが「働き方改革法」をつくったんで、格差は広がるしこき使われるし働く意欲がなくなったよ。


 政治家は法律をつくりっぱなしで後は野となれ的に関心を持たなくなる傾向がある。


 検証が苦手な日本人は相当大きな問題でもすぐに忘れてしまう。


 これは国民全体が意識改革をしない限り百年語り継ぐ歴史と伝統は生まれない。忘れてはいけないことを10年も経たない内に忘れてしまう。
 中には、3年前のことで記憶にも記録にもありませんという。


 支持する政治家から活動報告のレポートが届く時期になった。


 これまでの票を取るための後援会組織から、一人一人の意見、考えを伝える後援会にしなければならない。
 その先頭に研究者(学者)が立って欲しい。一人一人が直接考えを述べるのは抵抗があるので、しばらくは少人数グループで意見をまとめて後援会活動に参加してもらいたい。
 そして先頭に立つリーダーは資料を整理して、百年後の検証に役立てるように残し、語り継いでいかなければならない。


 日本人として、忘れてはいけない問題を整理して、国民に提供して語り継いでいく歴史をつくろう。


 それが学者や評論家や小説家や映画監督、そして教師の仕事前であると思う。


 あなたは何を語り継いでいきますか。国民一人一人の課題でもあります。


 私は「教育の基本」を語る資料をつくりたいと整理しています。



http://www.ctb.ne.jp/~bonta108
 遊行ライフ十人十色

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。