yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

つぶやき130 自 撰 めも句  その2

一度も鳴らぬ携帯電話をポケットに一日が終わる
  (80過ぎるとこんなものか。まあいいか。)


母の日の雨上がり雀が枝の先で揺れている
  (ツルゲネフの勇敢なる小雀を思い出す。母は強し。)


上手な歳の取り方 馬鹿な 上手も下手も齢を取る
  (歳相応の顔は持ちたい。無理かな。)


つつじを日の当たる場所に移したら花が咲いた
  (人も日の当たる場所に置けば光るよ。)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。