yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「ね」の3 年明(ねんあき・ねんあけ) 4 ねんごろぶり(念比ぶり)

年明キの古郷へにしき脱いで來る  きびしい老後が待っている。


 参考 年明=奉公の年季が終わること。遊女の年明は27歳ころ。古郷へ錦=諺、故郷
   へ 錦を飾る。錦を着て故郷へ帰ること。遊女の年明きは勤めできた立派な衣装を
   脱いで粗末な衣装で帰郷する。


運のない年明き茅屋へもどり    運よく玉の輿に乗る人もいる。


年明ケの女らしいも二三年     二三年が勝負ね。がんばらなくっちゃ。


案の定去られたあとへ年が明け   そんな事だったのか。離縁したのは。


局の年明き甥や姪にかかり     子どもがいない局の老後。さみしいね。


 4 ねんごろぶり


湯屋へきてねんごろぶりはそばへぬぎ   わかるわかる。そばに居たいもん。


 参考 ねんごろぶり=親愛感を表現すること。


居酒屋でねんごろぶりは立てのみ    自由だね。のびのびと。


居酒屋のねんごろぶりは味噌をなめ   常連の顔やで。


煮売やのねんごろぶりはつまみぐい   煮魚・煮豆で酒も飲める。


 今も昔も居酒屋は庶民のたまり場としての役割を十分に果たしていた。
 これからの時代は益々たまり場としての居酒屋やカフエが流行るだろう。



http://www.ctb.ne.jp/~bonta108
 遊行ライフ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。