yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「そ」の3惣仕舞(そうしまい) 4杣(そま)

 惣仕廻けっきの勇と茶屋はとめ  (取りつかれるとこんなことになる。)


 参考 惣仕舞=一軒の妓楼の遊女を全部買い切ること。妓楼=女郎屋、遊女屋、青楼。
   遊びなれない男は見栄を張って一人の遊女のために総あげ惣仕舞をするような馬鹿
   なことやってしまう。妓楼は儲かるが茶屋は儲けにならないシステムになってい
   る。だから茶屋の人は本音を言う。


 御茶ひきも煎じ出さるる総仕舞  (全員集合でむしり取られるバカ息子。)


(お茶引き=客のないこと。その縁語でかり出されることを煎じ出さるると言った。)


 壱人さへ買かねるのに惣仕舞  (今も昔も、あるところにはあるものだ。)


4 杣(そま)きこりのこと。


 やめば切る木陰に杣の雨舎(あまやど)り (いい句だ。蕪村の句を思い出す。)


 木の枝に杣の昼飯ぶら下り   (こんな一句をひねりたい。)


 参考 杣=木材を切り出す山、また、大きい建造物の用材を確保するために所有する山
    林。また、杣木を伐り出すことを業とする人。そまびと。きこり。


      このような一句に出会うと川柳と俳句の区別が難しくなる。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。