yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

コント 78  カフエ・ダンチョネ 教員採用一次試験

 登場人物
◆語り手(男)
◆大木 進(72歳年金生活)
◆鈴木陽一(進の親友カフエのマスター)
◆三浦信江(三浦夫妻の末娘22歳)


  M(コーヒールンバ) FI FO


語り手 「平成20年6月21日土曜日、梅雨が空けて夏の日差しの中に映る風景は湯け
  むりの中であります。
   県教育界を舞台にした教員採用試験にかかわる贈収賄事件の全容が明るみに出て一
  週間、一か月後に迫った今年の教員採用試験に対しての公平性をどうどのように県民
  に情報公開するべきかの問題に入っていました。


   今日も大木 進はカフエ・ダンチョネで地元新聞の朝刊一面に目を落としていま
  す。」


進 「ヨウちゃん、教職員の倫理の問題と新聞の一面に取り上げられているが、それもあ
  るだろうがもっとシステムとして取り組むべきことがあるよなあ。」
陽一「誰もが納得する採用システムの導入が大切だと思うが、無理だろうね。」
進 「無理だろう。権限を握っている人が自分の力が通用するシステムを変えるはずがな
  い。相当な金銭が動くし、票に繋がる。自分の力を維持する装置だから。」
陽一「だけども、今回ばかりは目に見える改革をしないと、だれも信用しなくなる。信用
  を無くした教育界とは、どういうことになるんだろう。」
進 「それが一番怖い。教育の基本は信頼関係の上に成り立っているのだから、これまで
  の教育に対する世間の価値観は一気に変わっていくだろう。」
陽一「さて、教育委員会の幹部はどんな手を打ちますか。シンちゃん目を離せません。」


  SE 玄関のあく音


信江「今日は、三浦信江です。」


陽一「いらっしゃい。お父さんから電話をもらいました。大木先生もいつものようにいつ
  もの席で待っています。どうぞ。」
信江「ありがとうございます。両親からカフエ・ダンチョネのお話を聞きました。よろし
  くお願いします。」
進 「どうぞ、・・・ヨウちゃん、ぼくの好きなあのケーキと、そうだな・・・ブルマン
  を。」
陽一「はい、ありがとうございます。」


進 「今年もいつも通りの夏季休業の初日が一次試験のペーパーテストですか。」
信江「はい。そうです。二日目が実技関係です。小学校ですので、水泳と音楽の実技があ
  ります。」
進 「大変だね。頑張ってね。私の時は教員採用試験が始まって2年目だったのでね。二
  次試験の面接も論文もなかった。一次試験一発勝負でね。小学校関係は、音楽と体育
  と図工の実技があった。大まかなものですべて基本的なことだけでした。採用試験2
  年目ということで、試験対策もなにもない。まず試験に関する資料が皆無だった。だ
  から、先進県の確か東京都の採用試験の資料にさっと目を通した程度で受験しまし
  た。ペーパーテストは、それで十分だった。おおらかな良き時代でした。」
信江「そうですか・・・良い時代だったのですね。」
進 「個人の個性が十分に発揮できました。音楽に秀でている友、美術やスポーツの得意
  な友などは全員合格しましたね。私は体育が得意でね。球技、器械体操、水泳となん
  でもやりました。それとね、私の得意は、山をかけることなんですよ。当たるんです
  よ。学生時代から直感的に山が当たった。」
信江「それって、全体の把握があってのことだから、すごいことです。」


陽一「ブルマンとケーキです。どうぞ。」


進 「あまりにも山が当たるもんですから、自分に本当の力があるのだろうかと疑問に思
  うことがありました。」
陽一「そうだ。高校3年生の時だったか、数学の期末テストでネ。シンちゃんが、この範
  囲だったらこれしかないよなと、4問を指摘したら、そのうち3問がそのままの問題
  で、あの時は助かったよ。」
進 「そんなことがあったなあ。」
信江「そんなんだったら、あまり試験のことは苦にならなかったのではないですか。」
進 「それはない。試験って基本的に嫌でした。嫌だから山掛けで少しでも楽しくしてい
  たのかも。」
信江「なるほど、そうですね。なにか楽しみをつければ、試験もそれなりに苦になりませ
  ん。」
進 「一次試験が終わって、二次試験に入る前に、信江さんには必要ないことだと思う
  が、面接対策と論文対策をやってみますか。」
信江「有難うございます。よろしくお願いします」


語り手 「教育界の毎日のニュースに接してすっかり落ち込んでいた大木 進でしたが、
  初々しい三浦信江のチャレンジ精神に触れて少しばかり元気を取り戻してきたようで
  す。
   次の面接対策と論文対策の準備をと楽しくなってきた大木 進であります。」


  M(コーヒールンバ) FI FO


SE …… 効果音

M …… 音楽

FI …… フェードイン(音量がだんだん大きくなって入る)

FO …… フェードアウト(音量がだんだん小さくなって消える)

CF …… クロスフェード(前の音が小さくなるのにカブッてあとの音が

    大きくなる)

CI …… カットイン(唐突に音が入る)

CO …… カットアウト(唐突に音が消える)

on …… オンマイク(マイクに近い位置で録音されるセリフや効果音)

off …… オフマイク(マイクから離れた位置で録音されるセリフや効果

    音)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。