yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸を見れば 98 将軍綱吉の「易経」講義終了

 1700年元禄13年庚辰(かのえたつ) 将軍綱吉が自ら講義した「易経」が11月21日をもって終了した。
 1693年、元禄6年4月20日に開講して8年、240回の講座であった。
 聴講者は門跡(もんぜき、宮門跡、摂家門跡、准門跡)三家、大名、旗本や僧侶、社人、山伏、保明ら側用人の家人などであった。


 参 考
門跡=一門の法跡の意。祖師の法統を継承し、一門を統領する寺、また、その僧侶。皇
 子・貴族などの住する寺。また、その寺の住職。本願寺の管長の俗称。


社人(しゃにん・しゃじん)=神社に仕える人。一般に雑務に従事する下級の神職。


三家=公家の三家、太政大臣まで昇ることのできる家柄の内、閑院家・花山院家・中院(なかのいん)または久我(こが)家。
 江戸時代は尾張の徳川家(尾州家)、紀伊の徳川家(紀州家)、常陸の徳川家(水戸家)の総称。諸大名の上に位し、将軍に嗣子のない時は三卿(さんきょう)と共に尾張・紀伊両家から継嗣を出した。水戸家はその特典がなく代々副将軍。


三卿=徳川氏の支族たる田安・一橋・清水の三家の家格。尾張・紀伊・水戸の三家の次席
 で、宗家に嗣子がいない時は宗家を継承する資格を有した。御三卿(ごさんきょう)


易経=五経の一つ。周易(しゅうえき)または単に「易」と称する。古代の占術を儒家が
 取り入れて経書としたもの。陰陽二元をもって天地間の万象を説明する。


 将軍綱吉の直々の講義とあって、聴講者は大変であっただろう。


 次の年に江戸城松乃大廊下の刃傷事件が起こる。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。