yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「ほ」の3 ほころび 4 牡丹餅(ぼたもち)

ほころびを笑ふは内儀ぬふ気なり   縫ってくれるんだ。ありがとう。


ほころびと子をとりかへる壱人者   子守りたのむよ。はあーい。


4 牡丹餅

ぼたもちをいさぎよく喰ふ嫁の里    つきもの(姑)が落ちたのかな。


ぼた餅も砂糖しだいで息子喰い     実利主義者。うまくいけばそれもよし。


  参考=ぼた餅は醜婦の異名。砂糖は持参金。


ぼたもちとぬかしたと下女いきどおり  愛しさの裏かも。難しいぞ。



元禄前句附 8 (前句)笑ふ門には福来る也

気の軽き嫁は我子の一性望(ひともとで) 笑ふ門には福来る也


 小商(こあきな)いの家の嫁には気さくで、明るく、よく働く娘が一番だ。金では買えない資本である。息子には出来過ぎた嫁だ。笑いがいっぱい。


      9 (前句)只ものぐさき日昏(ひぐれ)雨降

打ちぬけて相手のなきを碁の病 只ものぐさき日昏(ひぐれ)雨降


 碁も上手になり過ぎると相手がいなくなる。勝負事も芸事も奥義を窮めると、人はだんだんと孤独に耐えなければならなくなる。
 世のリーダーと言われる人は一歩抜け出て確りと孤独に耐えて国のために知恵と汗を流してほしい。
 お友達内閣では何もできない。リーダーよ、厳しく在れ。



http://www.ctb.ne.jp/~bonta108  遊行ライフ十人十色 芭蕉


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。