yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「こ」の2 子  3 後家

子を一ッにらめておいて申しわけ    おかあさんえらい。先ず自分の子を叱る。


いたずらの憎さも夢の子の寝顔     寝顔を見ると何もかも忘れてしまうね。


はだかの子おもしろがって逃る也    みんな一度は通る道


やゝしばし四方を見ゐる転んだ子    誰もいないぞ。どうする。


あのお子のお子がもう早このお子か   はやいなあ。


3 後 家

若後家のたよりになってやりたがり   不思議な魅力があるのよ。


後家ざかりだとほめやうも有ろうのに  声かけにくいよ。どうしよう。


その当座後家たて通しさうに見え    だんだんぐらついてきます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。