yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「け」の2 傾城(けいじょう) 3 下女

 参考=傾城は城を傾けるほどの美女、転じて官許の遊里の上妓をいう。


とうろうの斧傾城を妻そしり     妻としては引き下がれない。意地がある
     
 蟷螂の斧=カマキリが前足を振り上げて竜車(戦車)に戦いを挑むようなみのほどしらずの意。


琴棋書画ならべたばかり知りんせぬ   みんな飾っておくだけよ。


傾城の尾羽内打ちからすいい男     傾城に貢がせるとはにくいやつ。


「け」の3 下女(げじょ)


いい下女を置いたと内儀凡夫なり    気の利いた女が一番の敵よ。


女房の目のいそがしい下女を置     目が離せない。油断できないわ。


下女の腹心あたりが二三人       気の利いた可愛い下女かな。


http://www.ctb.ne.jp/~bonta108 遊行ライフ



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。