yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「の」の2 野がけ(現代のピクニック)

自在かぎいじって野がけもてあまし  (つい触って、元に戻らずまいったなあ。)


野がけ道あたまへ扇くゝし付   (日よけに里芋の葉っぱを頭に乗せたのを思い出し
                 たよ。)


いたづらに雁などおどすのがけ道  (あるある。やってみるんだ。)


是も一興とのがけはたれるなり  (大草原の野糞も一度はやってみるもんだ。爽快。)


のがけ道へんな後架(こうか)へ入れ申  (女性のトイレは困っただろうなあ。)


 後架(こうか)=禅寺で僧堂の後ろにかけ渡して設けた洗面所、その側に便所があり転じて便所の意。ごか。


�V�s���C�t    遊行ライフ なみだ橋

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。