yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸を見れば88  芭蕉47歳  捨て子を厳禁

 1690年元禄3年庚午(かのえうま)再び「捨て子厳禁令」を出す。もし養育できない時は、奉公人はその主人に、天領では代官部下の手付・手代へ私領や町では名主・五人組へその理由を申告すること。理由が認められればその地で養育すること。違反者は厳罰。


芭 蕉 歳旦吟   薦(こも)を着て誰人(だれびと)います花のはる
(菰をかぶった乞食。もしや元は身分ある方かも。春着まぶしい桜の下。)


木(こ)のもとに汁も鱠(なます)も桜かな
 (花見酒。汁にも鱠にも、散るさくら。酔ってます。)


行春を近江の人とおしみけり
 (去年は奥の細道。今年は琵琶湖の春。過ぎ行く時に惜春の情。)


頓(やが)て死ぬけしきは見えず蟬の声
 (秋には終わるものを、今をやかましいばかりに生きている。蝉よ。)


病鳫(やむかり)の夜さむに落て旅ね哉
 (秋も深まった夜寒。弱った雁の泣き声。持病もちで孤独な私が旅寝する。)


干鮭(からさけ)も空也の痩(やせ)も寒の中(うち)
 (ひからびた乾鮭、寒中の修行僧空也も痩せていく。刻苦の旅の中に。)




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。