yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸を見れば80   芭蕉39歳  芭蕉庵類焼

 1682年天和2年壬戌(みずのえいぬ)3月に西山宗因(78歳)没、9月に井原西鶴が「好色一代男」を刊行する。西鶴41歳の処女作で「愛欲」をテーマに愛欲と開放と自由を追求する作品を立て続けに発表し浮世草子の作者としての地位を固める。


 浮世草子は小説の一種で約80年間上方を中心に行われた町人文学である。
 この年の江戸の大火が後の「八百屋お七」の好色五人女の材料となる。

 芭蕉の俳諧と紀行文。それに井原西鶴の小説を絡ませて蕉風俳諧の理念「不易流行」「わび」「さび」「しをり」「細み」「軽み」などに迫りたい。


 男の更年期は35・6歳から訪れるようである。宗匠を引退し、公共事業を投げ捨てて、辺鄙な深川の草庵暮らし。心身ともに大きな変化がこの辺りから芭蕉に取り付いていったようである。


 芭蕉39歳の句、3句紹介。


椹(クワノミ)や花なき蝶(てふ)の世すて酒     芭  蕉
 くわのみの果汁を吸う蝶よ。花に恵まれぬ蝶の世を捨てて侘しくすする世捨て酒であろうか。


あさがほに我は飯くふおとこ哉            芭  蕉
 早寝早起きをして朝顔に対してしずかに飯を食う我だよ。


夜着(よぎ)は重し呉天(ごてん)に雪を見るあらん  芭  蕉
 夜着は重い。呉天(遠い山間地方)はきっと雪が降っていることであろう。



 タニシの一生にそんなドラマがあったとは知らなかった。