yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸を見れば77  芭蕉36歳 芥川龍之介36歳で自死

 1679年延宝7年己未(つちのとひつじ)芭蕉36歳と同じ歳に芥川龍之介が自殺した。芭蕉は36歳の時にはまだ蕉風俳諧も確立していない時であるが後の龍之介は蕉風俳諧を始め夏目漱石や正岡子規の影響を受けて文学としての俳句を身につけていた。


 本名は芥川龍之介、俳号は我鬼、号は澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)。
「我鬼」の俳句5句、何の解説もいらないそのままの句を紹介。

    
青蛙 おのれもペンキ ぬりたてか
    蝶の舌 ゼンマイに似る 暑さかな
    竹の芽も 茜さしたる 彼岸かな
    木がらしや 東京の日の ありどころ
    元日や 手を洗ひたる 夕ごころ


  芭蕉36歳の句 3句紹介


草履の尻折てかへらん山桜          桃  青

 花見に歩き疲れた。草履もくたびれて伸びてしまった。草履の尻を折り、山桜も一枝折って帰ることにしよう。季語は「桜」で春。


見渡せば詠(ながむ)れば見れば須磨の秋   桃  青

 見渡したりながめたり、見れば見るほど須磨は秋だ。季語は「秋」


今朝の雪根深を園の枝折(しおり)哉       桃  青

 なんだこの雪は、菜園に行く道を迷わないように葱の葉先を枝折として進んでいこう。季語は「雪」で冬。