yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「ね」の2 猫

猫好きも男の方は金がいり      男の好きな猫は猫でもネ。


猫に十本多いのが嫁の芸      3+10=13絃(琴) 三味線は3絃。


縁遠さ三味線もたけ琴もたけ    時間も金もかかるよなあ。


その猫をくれさっせへと村こども  西行がもらった銀の猫がほしい。


猫をなでるを里の母見て帰り    猫なで声は、後で化けるのかなあ。


竹を書くからは猫ではないと見へ  虎ですよね。虎だよ。そうかなあ。


参考、猫の皮で張った三味線を弾くことから昔、芸者のことを猫と言った。