yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸を見れば74  芭蕉33歳 「江戸両吟集」を出版

 1676年延宝4年丙辰(ひのえたつ)春、山口信章(素堂)と両吟百韻二巻を巻いて天満宮に奉納し、「江戸両吟集」として出版する。


立句(たてく) 此梅に牛も初音と鳴つべし   桃 青

脇句      梅の風俳諧諸国にさかむなり  信 章

天満宮の見事な梅の花に鶯はもとより、きっと牛までも初音せんものと鳴くことであろう。  季語は「梅」で春。


  天秤や京江戸かけて千代の春   桃 青

 京と江戸の初春を秤にかけるとちょうど釣り合う二都である。ともに千代の栄を寿ぐ(ことほぐ)めでたさであるよ。季語は「千代の春」で春(新年)


  夏の月ごゆより出(いで)て赤坂や   桃 青

 参考、御油も赤坂も三河の国の一駅、両駅間の距離は16丁で約1.7キロで東海道の中で最も短い距離である。夏の夜の短さをこの駅間で表すことが多くあった。
御油も赤坂も当時は旅の恥はかき捨ての地帯であった。


 夏の夜は短く明けやすい。空行く月もあっという間に御油から赤坂に隠れてしまう。  季語は「夏の月」で夏。


 女の影が見えない芭蕉にとって、この月を見るということは若き日の男色から卒業して30代の男、芭蕉を想像することができる。