yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

花かるた 色は匂へ 「あ」の4 蘆(あし)の花(秋)

    乳を出して船漕ぐ海士や蘆の花     北  枝


   
             季節の花300より


     この邊に住みても見たし蘆の花   星野立子


      
           季節の花300より
     水靄(もや)の動きにも揺れ蘆の花  成嶋瓢雨


・「あし」は、「浅(あさ)」の変化ともいわれる。(水の浅いところに生える)

・葉や花穂が片側に寄って傾くものもある。「片葉の葦(かたはのあし)」

・葦の茎を乾燥させて編んで作った、スダレのことを「葦簣、葭簣」(よしず)と呼ぶ。 (reed screen) 囲いや日よけに使う。

・「蘆」「葭」とも書く。