yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸を見れば 63 芭蕉22歳   茶屋対吉原の女争奪戦

 1665年寛文5年乙巳(きのとみ)幕府は武士層の養子制について制約を緩和してきたが、家康の50年忌の法会にあたって、人質として証人を呈出することをやめることにした。


 茶屋と吉原が女の奪い合いで流血事件を起こす。茶屋の抱女を吉原が奪い、それをまた茶屋側が奪い返すという事件が起こった。幕府の支持のもとに吉原側が私娼取り締まりに参加することによってことを収めた。


 この年、藤堂新七郎家の嗣子、蝉吟(せんぎん)の主催で松永貞徳の13回忌追善百韻俳諧に芭蕉、当時の俳号宗房も参加する。一奉公人である芭蕉が主人と同座できたのは蝉吟がまだ部屋住みの身であったからで、家督を継いで当主となっていれば同座は無理であったろう。


 2歳先輩の西鶴(俳号鶴永)、裕福な町人として1662年から俳諧の点者として活躍していた。井原鶴永が井原西鶴と改号するのは8年後の32歳である。


 蝉吟24歳、芭蕉22歳、宗匠の北村季吟は42歳であった。
 蝉吟が没する1年前の寛文5年は、若い西鶴(鶴永)と芭蕉(宗房)の江戸文学の芽生えの時期でこれから新しい風を起こしていく起点である。


 消費生活の拡大に伴い幕府の統制も限界に達しつつあった。膨らんでいく都市生活を相変わらず禁止禁止で統御しようとしていた。
 町中での花火遊びや花火製造・販売を禁止。辻立、辻鞠(まり)、辻相撲を禁止。分銅の私製,潰し金銀塊の売買禁止。数え上げれば切りがないほど生活に密着するあらゆることを禁止で規制していった。


 辻立(つじだち)=①町角に立つこと。特に、物売りなどのために路傍に立つこと。また、その人。 ②遊女の道中などの見物のために路傍に立つこと。