yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

花かるた 色は匂へ 「こ」の2 コスモス(秋)

   病めばなほ人のこひしく秋櫻  谷口てる子


   

        季節の花300より

   透きとほる日ざしの中の秋ざくら  木村享史


   

          季節の花300より

   コスモスの風にぬすまれさうな色  藤崎久を


      

        季節の花300より

コスモス全般の花言葉は、「乙女の真心」「調和」「謙虚」
赤いコスモスは「愛情」「調和」 白いコスモスは「優美」 ピンクのコスモスは「純潔」

 コスモス(cosmos)”の語源は、ギリシャ語の「秩序」「飾り」「美しい」という意味の「Kosmos, Cosmos」の言葉に由来する。   

 このことから、星がきれいにそろう宇宙のことをcosmosと呼び、また、花びらが整然と並ぶこの花もcosmosと呼ぶようになった。

 化粧品のコスメティクスも同じ語源です。