yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

花かるた 色は匂へ 「ふ」の5 藤袴(秋)

   藤袴手に満ちたれど友来ずも  橋本多佳女


   

       季節の花300より


      藤袴何色と言ひ難かりし   栗津松彩子


   

          季節の花300より

   フジバカマの花言葉は、ためらい、遅れ

花名の由来

和名の「藤袴(フジバカマ)」は、藤色の花を咲かせ、花の形が袴(はかま)に似ていることに由来します。

花言葉の由来

花言葉の「ためらい」「遅れ」は、フジバカマの小花が少しずつ咲いていくことにちなむといわれます。

 細い枝先に藤色の小さな花をたくさん集めて咲くフジバカマ。河原などに自生し、古く日本人に愛されてきたフジバカマは秋の七草(ななくさ)の一つです。現在はその数を減らし、環境省のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されています。


 全体に桜餅のような香りがする。平安時代の女性は、これを干した茎や 葉っぱを水につけて髪を洗った。また、防虫剤、芳香剤、お茶などにも利用した。葉が3深裂するのが特徴。ほとんど別の葉っぱのように見えて、 元は一つの葉っぱ。 


 秋の七草 女郎花(オミナエシ)尾花(オバナ ※ススキ)桔梗(キキョウ)撫子(ナデシコ)藤袴(フジバカマ)葛(クズ)萩(ハギ)