yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸を見れば 57 武断から文治主義への転換 芭蕉16歳

 1659年万治2年己亥(つちのとい)江戸城本丸は5月15日に造立を経て、8月3日に竣工し9月5日に将軍家綱は西丸から転居した。この本丸は天守閣がなかった。時代の流れを象徴したものである。


 その一方で、賄い方や奥坊主・大奥などについての規制は厳しいものであった。


奥坊主=将軍に茶・湯水の給仕、茶室での茶湯とその清掃、奥の勝手・茶部屋・露地部屋・数寄屋などに居り火の番もした。
数寄屋=茶室。茶席・勝手・水屋などが一棟に備わった建物。


奥=表に対して将軍の私生活の場。中奥は将軍個人の居室。大奥は将軍の妻妾の居室。中奥と大奥には境界があり、大奥は将軍のほかは男性禁制。大奥の一部の広敷(ひろい座敷)番に庶務担当の男性役人が10人おり二人ずつ一昼夜交代の勤務をした。
大奥勤務の女性を奥女中といいこの当時は3人の老女が監督していた。


 芭蕉は新七郎家のなかでは通称で半七と呼ばれていた。この一事からでも芭蕉は藤堂新七郎の長男主計(かずえ)俳名蝉吟子(せんぎんし)に仕え殊の外寵愛されたことがうかがえる。


 蝉吟は京都の北村季吟の門人でその関係で芭蕉も宗房と名乗っていた当時は季吟と親しく接していたと考えられる。
 一時期、芭蕉は蝉吟専属の奉公人の立場にあったと思われている。一介の武家奉公人として、新七郎の嫡子で通称主計(かずえ)、名乗り(本名)良忠(よしただ)のお供をして師匠北村季吟の教えを受けたことは運命的な出会いとしか言いようがない。


 芭蕉より2歳年上の蝉吟(せんぎん)は25歳で没した。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。