yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

花かるた 色は匂へ 「け」の2 罌粟(けし)の花 (夏)

   僧になる子の美しや芥子の花   一  茶


   

     

         季節の花300より


   輕ろやかに見えゐて風に散らぬ罌粟  小山白云


     

         季節の花300より


   芥子挿してドラマ始まりさうな宵  竹腰八柏


   花言葉は「眠り」「慰め」「恋の予感」「思いやり」
 

和名: 雛芥子(ヒナゲシ) 別名: 虞美人草(グビジンソウ)、ポピー、コクリコ、シャーレイポピー

「罌粟」は「芥子」とも書く。「雛」は小さい、かわいいの意で、ケシの中では小型でかわいい花であることから。

 別名の「虞美人草」(ぐびじんそう)は中国歴史上の絶世の美女である虞美人にたとえた。