yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

花かるた 色は匂へ 「ま」の3 曼珠沙華(秋)

   赤も亦悲しみの色曼殊沙華  中村芳子


   
       季節の花300より


   燃えうつることなく燃ゆる彼岸花   桔梗きちかう


   

       季節の花300より


   花言葉は、「悲しき思い出」「あきらめ」「独立」「情熱」
  

花名の彼岸花(ヒガンバナ)は、秋の彼岸の頃に開花することに由来します。別名の曼珠沙華(マンジュシャゲ)は、法華経などの仏典に由来。彼岸(あの世)という花名のためか、死人花、地獄花、幽霊花などの異名があり、墓地などでもよく見られます。