yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「り」の2 悋気(りんき)

寝たきりでいるはきれいなりん気也    可愛いね。


りんきにも当りでのある金だらい     斧がとぶ現代は怖い。


りんきのそれ矢戸障子へあたる也     八つ当たり、ごもっとも。


それ矢=狙いからそれて他の方へ飛んでゆく矢。流れ矢。


 悋気、嫉妬、やきもちなどと言う言葉が懐かしい時代になった。今は何も言わずにバットで殴られたり、斧で殴られたりする時代になった。可愛いやきもちなんて夢のまた夢。寝たきりをして色よくやかれるなんて、いいじゃない。