yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

つぶやき 86  グー・チョキ・パー

 近ごろ、じゃんけんをしている子どもを見かけることが少なくなった。
 よくよく考えるに「じゃんけん」を考案した人は凄い。

 三すくみ拳は日本の平安時代には存在していたとされる。日本での代表的な三すくみ拳は虫拳でヘビ、カエル、ナメクジの三すくみ(人さし指はヘビ、親指はカエル、小指はナメクジ)である。ルールはじゃんけんとほぼ同じで、カエルはナメクジに勝ち、ナメクジは蛇に勝ち、蛇はカエルに勝つというもの。

 幕末には「狐、庄屋、猟師」もしくは「狐、猟師、鉄砲」の狐拳という三すくみ拳が流行し、三連勝しないと1本取ったことにならない。藤八拳(東八拳)が派生して、家元制度が導入され、競技性が高まった。

 明治になり数拳の手の形と三すくみ拳からの現代行われているじゃんけんが考案されたと考えられている。

 世の中は「三すくみ」である時代が一番安定した過ごしやすい環境になるようである。
 今は、どれか一つが欠落しているようである。例えば、「グーとパー」だけでチョキがないような気がする。石のように耐えていくグーと権力に胡坐をかいたパーで、初めから勝負は決まっている。


 大人数を二組に分けるようなときは、チョキなしじゃんけんポンでよいのだが勝負するときは、三すくみでなければ公平ではない。


 今は公平でない社会が大手を振って闊歩している。


 チョキの役割を果たす「選挙民」「報道関係者」「司法関係者」等が頑張らないと民主社会が潰れてしまう。


 問題に切り込んでいく「チョキ」の役割を期待したい。