yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「ほ」 棒

棒の手を見せるが客へちそうなり   見事な麺棒さばき


 家の親父さんは手打ちうどんや手打ちそばはプロ並みであった。地方公務員にしておくのはもったいない腕を持っていたが腕を生かさないままに終わった。それもいいか。


そばを打つ音もちそうの数に入り   音がちそうになるのは少ない。


棒の中めんぼくもなく酔は醒め    辻番や自身番の棒ではね。


棒ほどの事針ほどに母かばひ     棒大針小の母心、いいね。