yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

花かるた 色は匂へ 「う」の3 鬱金の花(うこんのはな)秋

   朝露や鬱金畠の秋の風   凡  兆


   
       季節の花300より

凡兆=芭蕉の門人、京都で医を業とし、去来と共に「猿蓑」を撰した。妻羽紅(うこう)も俳人。

   

        季節の花300より

根や茎の部分が胃薬等に使われ、いわゆる「ウコン」と呼ばれる。食用、染料としても利用される。カレー粉を黄色くする際にもこのウコンが使われるらしい。