yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

花かるた 色は匂へ 「う」の2 卯の花 夏

   卯の花や水ゆたかなる八瀬の里   松尾いはほ


   
          季節の花300より


          花言葉は「謙虚」


髄(ずい。茎や根の中心にある部分)が空洞になっているので、「空ろ木(うつろぎ)」が変化して「空木」になった。

材質は硬く、腐りにくい。昔から、木くぎや、神事のときの杵などに使われた。


   

      季節の花300より

   卯の花をかざしに関の晴れ着かな   河合曽良(かわいそら)
   卯の花や妹が垣根のはこべ草     与謝蕪村(よさぶそん)


   

       季節の花300より

 昔から多くの人に親しまれ詠まれている花を改めて観た。控えめで引き締まった花ですね。