yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

コント16 異常乾燥注意報

 昨年の秋だった。油ぎった夏からからりとした秋風が吹く頃に毎年開催されるアジア心理学研究会に参加した。


 九州在住の心理学に興味と関心のある成人が集まって、日常のケース研究を報告しあう極く平凡な会である。
 別に、会則らしい会則もなく、要するに同好の士が必要経費を手出しで、一所に集まって日頃のたまりにたまった要求不満をぶちまけるだけの会である。


 まあ、誰もがよくやる同窓会の変形したもので、チョッピリ話題や内容が心理学的用語によって語られる一泊二日の自主研修会である。


 名称などあってもなくてもよかったのだが、誰かが、勝手にアジア心理学研究会と命名した。別に変える必要もなかったのでそのままにしている。知らない人は大変な会だとびっくりする。それがまた愉快であった。


 佐野啓一、四十歳、N大学教育学部心理学科を卒業して、現在は地方大学の講師をしている。啓一は、ほかの会はともかくこの会だけには必ず出席することにしていた。


 この会は一年に一回の夕立のようなもので参加した後、非常な爽快さを感じる。最も民主的でなければならないはずの教育界の中で、啓一の心身は、その人問関係のわずらわしさに、からからにひからびてしまう。


 熊本で開催される心理研究会に前日から、啓一はそわそわしていた。こういう啓一を見て、妻は「男性はいつまで経っても、幼見性が残るものか知ら」と、つぶやく。


 しかし、会の名称のおかげで豪も疑われることもなかったし、かえってスケールの大きな会に出席できる亭主に誇りさえ感じてこまごまと旅の仕度に余念がなかった。


 駅まで歩いて二十分、タクシーで四分、自転車で七分、バスで十五分かかる。


 午前八時、別府駅始発の第二火の山号に乗車するのに、佐野啓一は少し早く起て過ぎたようである。七時までに朝食も済んだので、啓一は駅まで歩くことにした。


 初秋の朝風に体をのせて、ゆっくりと歩きながら見る別府の景色もまた格別である。皮膚を通す風の刺激で秋特有の下腹がじんと疼き、心臓が押し上げられるような情緒に浸る。


 ディゼルカーの窓をあけると、海からの風が吹き抜けた。以前は電車に乗る時に、進行方向に向かって座席を取っていたが、いつともなしに、進行方向を背にして座わるようになった。
 目まぐるしく移りゆく景色よりも、長く視覚に残るゆったりとした風景の方を好みだした。


 定刻に火の山号は発車した。終点熊本には十一時三十九分着で、三時間以上を電車の中で過ごすために、言語心理学の軽い専門書を開いた。


 荒城の月の曲が、プラットホームのスピーカーから車内に聞こえてきたので、啓一は、本を閉じて、窓外の景色を見た。


 啓一は今まで気づかなかったのであるが、前の座席に五才ぐらいの女の子を連れた美しい女が窓の外に目をやっていた。


 電車は竹田を離れた。


 女の子も、母と同じように外の景色を見ていた。物静かな冷めたい女の顔が、ギリシャの彫刻のように深く蔭をたたえ、車窓より吹き込む初秋の風に後れ毛が白い耳のまわりで踊っていた。


 啓一は、また、本を聞いた。


 しばらく経って、あまり静かなので、啓一は、前の親子がまだいるのかと顔をあげた。二人とも以前と同じような姿勢で座わっていた。


 車窓に青い冷めたい山水の流れが、きらめいたが、車内には別に変化は起こらなかった。母が何か呼びかけたようであるが、啓一には、はっきりと何と言ったのか聞こえなかった。娘も聞こえたのか聞こえなかったのか知らぬふりをしていた。


「おや、この子は自閉症では」


 専門柄、もつと早く気付かねばならぬはずであるのに、親子の気品のある端正な容姿にそんなことは思いのほかであった。


 子どもの無関心な表情、機械的な動作、意味も感情もないつぶやき、何かに対して頑強に抵抗している子どもの姿、何がこの親子を遮断しているのであろうか。これ以上の断絶があろうか。


 啓一は、また、本に目を落した。


 宮地を過ぎて、ふと前の座席を見ると、さっきの親子連れはもうそこにはいなかった。


 秋咲のコスモスのつぼみが集団で飛んでいく。稲がやっと黄色味をおびて、柿の青い実がくりくりと午前十時の太陽に輝き、小川がゆったりと流れ、電車は、山峡を縫って山の中に突込んでいく。


 なんだかこういう景色を眺めていると、自分は昔、こんな緑の中で生れ育つだのではないかとふと思う。


 娘が高校生になって、啓一との距離ができてしまった。それもまたいい。娘もやがて、母親としてこの風景を見た時に、きっと自分が感じたような親子の間柄を体験的に感得するであろう。


 電車は突然山峡を突き披けて、阿蘇の太平原の中に躍り出た。子どもというものは、ガン細胞のようなもので、親細胞を食いつぶして、成長していくのかも知れぬ。


 阿蘇の大平原の雰囲気の中に先ほどの親子のことも忘れてしまった。秋も深まっていくとこの阿蘇の大平原は、やがて異常乾燥地域になる。


 乾わき切った空気が、啓一の咽頭にひりりと突きささった。


5・7・5 アラカルト 俳句 3

 この道や行く人なしに秋の暮   ばせを


 秋風が宵闇をゆする。そんな季節になるといつも口をついて出る一句である。
「僕の前に道はない・・・」と道程の詩を連想して声にだしている。


 友人は啄木の「はたはたと黍の葉鳴れるふるさとの軒端なつかし秋風吹けば」を連想するという。


 人はみな一度切りの「この道」を孤独をかみしめて通り過ぎて行かねばならないのだなあという思いが募ってくる。


      逞しい自転車の旅姿が目に浮かぶ。つつがなき旅を。


つぶやき11 組織ぐるみ

「組織ぐるみ」という認識が近頃少し変わってきた。


   官なら官の一組織、民なら民の一企業が事件を起こし事件を隠蔽しようと当事者組織が一体となって行動をする。
 そうではなく、組織に関わる多くの組織が一体となって行動をすることであるということを身近な事件の報道で気づいた。警察も政治家も検察も裁判官も報道関係もみんな一体となって行動をする。


 マスコミ報道は一つのパターンで収束していくようである。特ダネ記事として華々しく打ち上げたニュースもいつの間にかうやむやのうちに消えていく。
 関わりのあるすべての組織が日本の伝統である「落としどころ」をさじ加減しながら固めていく姿がニュースをきめ細かく追っていくと手に取るようにわかる。
 事件の大きさによって、担当職員か課長止まりで尻尾を斬るか、参事や№2を尻尾斬りするか。落としどころが難しい。


    九州のある県で起きた隠しカメラを野党支援団体の敷地内に設置した事件は、県警が起こした事件だけにその顛末を確り見届けることで「組織ぐるみ」の姿がかなりはっきりと見えてくる。
 県警という組織と県警を統括する地方自治体。それに各政党とマスコミ等の利害関係がうすうす理解できる。
 日本伝統の「落としどころ」は損害を被る人や組織をできるだけ小さくしてしかも国民の納得を得るという日本人の知恵である。


 田中角栄氏のロッキード事件は組織ぐるみではなく組織対組織の戦いであったためにトップの逮捕という結果になった。ロッキード裁判の問題点を検証していくとその実態がわかる。


 頭の体操には事欠かないニュースが山ほどある。元気の素。


いろはカルタ 「な」 江戸と上方

    泣き面に蜂(江戸)

『不幸の上に不幸が重なること。』


 心のありようは相手に伝染していくようである。身近な例としては「あくび」の伝染が有名で飼い犬にまで「あくび」が伝染していくのを見て笑ってしまった。
 「不幸」は、「不幸」を誘い、「幸福」は「幸福」を呼び込むのも肯ける。


    ならば「幸福」を呼び込むような生き方を積極的にしていくことが必要である。


    ヒルティーの幸福論を私なりに一口でまとめると、「汗を流した後の休息こそ至福の時である」と。


    不幸を跳ね除けるためには、まず汗を流して働くことが第一である。後はそれからのこと。



    なす時の閻魔顔(上方)

【他人から金品を借りるときはにこにこしていた者が、それを返済するときには閻魔のように不愉快な顔つきをする。】


 人にものを頼むときはにこにこと愛想よく近づいて来るが、その結果が少しでも気に入らないものであると「頼むんじゃなかった」と不愉快な顔つきをされる。
 その度に「人の世話などするもんじゃない」と肝に銘じるのだが、また、頼まれるとすぐに動いてしまう。
 いやな思いをすることの方が多いが、人脈は広がっていき仕事の幅ができる。


 何事も人に頼むということは、人間関係の上に成り立っているので頼む方も頼まれる方もそれなりの覚悟がいる。その覚悟のほどをお互いに理解して頼みごとをしたり頼まれたりすることが肝要である。


    頼みごとを通してより人間関係が深まって生涯の友になるような生き方をしたいものである。


江戸川柳 色は匂へ 「ほ」 ほれる

    ほれたとは女のやぶれかぶれなり

 貝原益軒の女大学が幅を利かせていた時代に、女の美徳として女から「惚れた」というのはよほどの覚悟がいる。
 現代でも女性の方から告白するときは、男性の方にそれなりの態度があってのことであり、これで男性が逃げていけば大変なことになる。
    男は覚悟しなければならない。「やぶれかぶれ」の生活がもうそこまでせまっている。怖いことである。