yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

教育の基本 25  日本会議の活動家の略歴を少しだけ

 事務総長として組織実務を取り仕切る椛島有三氏。政策委員として理論構築などを担う百地章(日本大学教授)、伊藤哲夫(政治評論家)、高橋史朗(明星大学特別教授)の各氏。伊藤氏は安倍首相のブレーンに数えられ、現在は首相補佐官に就く衛藤晟一参院議員もかつては生学連の活動家だった。


  以上5人の略歴(資料はWikpedia)をまとめてみました。


 椛島有三=1945年(昭和20年)佐賀県に生まれ、長崎大学へ進学、中退、日本青年協議会を結成。
 学生時代に成長の家を信仰。学園正常化を目指して行動を起こした際、全学連のリンチにあって「全学連打倒を決意」し、長崎大学学生協議会(長大学協)を結成してその後社会運動家としての道を歩む。
 著書、「米ソのアジア戦略と大東亜戦争」明成社、2007年など。 


 百地 章=ももちあきら、1946年(昭和21年)静岡県に生まれる。静岡大学人文学部法学科卒、京都大学大学院法学研究科修士課程修了。
 静岡大学では「生長の家学生会全国総連合」で民族派学生運動に関与。谷口雅春先生を学ぶ会機関誌「谷口雅春先生を学ぶ」の編集人なども務めた。
 「21世紀の日本と憲法」有識者懇談会(民間憲法臨調)事務局長。安倍晋三のブレーンの一人。


 伊藤哲夫=1947年(昭和22年)新潟県に生まれる。新潟大学人文学部卒業。 1984年、「日本政策研究センター」を設立。日本会議常任理事を務める。
 「保守革命」を目指し、特に、歴史認識、従軍慰安婦、選択的夫婦別姓反対、反ジェンダーフリーを重要な論点であるとしている。憲法改正を主張。安倍晋三のブレーンの一人。


 高橋史朗=1950年(昭和25年)兵庫県に生まれる。早稲田大学第一文学部人文専修卒。1978年3月、早稲田大学大学院文学研究科教育学専攻修士課程修了。
 日本教職員組合(日教組)を敵視し、日教組が中心となった学校教育に憂慮を抱き、日教組が否定的に捉えていた戦前や祖父母世代の(=教育勅語に基づく)教育や文化を再評価している。


 衛藤晟一=1947年(昭和22年)大分県に生まれる。大分大学経済学部に在学中に九州学生自治体連絡協議会(のちの全国学生自治体連絡協議会)を結成。自身も大分大学で保守派の「学生協議会」を率いた。
 朝日新聞によれば、全日本学生自治会総連合打倒を掲げた学園正常化運動であった。
 大分市議会議員、大分県議会議員を経て、1990年第39回衆議院議員総選挙に初当選。村山富市の首班指名に賛意を表明して決着をつけた。


 彼らに共通して言えることは、正義感が強く大きな力に対して知恵を出し切って対抗していく気力を持っているということ。それに行動力と集団を引っ張て行く方法を身につけいる。
 何といっても「まじめ」に「粘り強く」学生時代から50年以上ぶれることなく活動してきたことは学ぶべきである。


 政治家や組合活動家は彼らの行動に見習うべきことが多かろう。


 問題は、戦後すぐの環境と平成の今の時代の社会環境の違いをどう受け止めるか。国の在り方、憲法や教育の問題がどの方向に向かっていくべきなのか。


 具体的な憲法改正の内容とすでに改正された「教育基本法」並びに「教育三法」の旧法との比較検討を通して、国家体制のありかたを学習していく。


 何の意図もない。ただ調べて私なりに学習を深めて納得したいだけのことである。まあ、100年時代の私の趣味としての暇つぶしを最後まで楽しんで生きていこうと。



教育の基本 24 成長の家がかかわっていたの、知らなかった。

 生学連(生長の家学生会全国総連合)の元活動家で、現在は評論家、作家として幅広く活動する鈴木邦男氏はこう断言した。


「日本会議の大もとは、生長の家だと僕も思います」
 

 戦前に谷口雅春が創始した生長の家は、右派色の強い新興宗教として知られ、戦中は軍部の戦争遂行を賛美して教勢を拡大した。戦後もその姿勢は長く変わらず、60年代には生長の家政治連合(生政連)を結成して政界進出を果たす一方、右派の学生組織として生長の家学生会全国総連合(生学連)も立ち上げ、全国の大学を席巻した全共闘運動に対峙させた。(AERA 2016年7月18日号)


 ここに集った元活動家がいま、日本会議の中枢を牛耳っている。事務総長として組織実務を取り仕切る椛島有三氏。政策委員として理論構築などを担う百地章(日本大学教授)、伊藤哲夫(政治評論家)、高橋史朗(明星大学特別教授)の各氏。伊藤氏は安倍首相のブレーンに数えられ、現在は首相補佐官に就く衛藤晟一参院議員もかつては生学連の活動家だった。

(AERA編集部 2016年07月12日)


 これからは「人」に焦点を当てて、彼らの思想と行動に注目していく。
 事務総長 椛島有三、 日本大学教授 百地 章、 政治評論家 伊藤哲夫、 明星大学特別教授 高橋史朗、 首相補佐官 衛藤晟一参院議員。


 以上の方々については彼らの発言と行動を追っていく。
 生学連(生長の家学生会全国総連合)の彼らは今、何を考えどう行動しているのかに興味を惹かれる。


 先ずは、活動家の面々を少しずつ調べていこう。


教育の基本 23  「日本会議」発足までの流れと

 1997年(平成9年5月30日)、当時の2大右派組織──日本を守る会と日本を守る国民会議が合併する形で日本会議は発足した。


 現会員は約3万8千人、日本会議に呼応する日本会議国会議員懇談会に名を連ねる衆参両院議員も約280人を数えるに至り、組織の役職などには右派系の著名文化人、学者、財界人らが就いてきた。


 初代会長はワコール会長だった塚本幸一氏。2代目会長は石川島播磨重工業会長だった稲葉興作氏。3代目会長は元最高裁長官の三好達氏。現会長は杏林大学名誉教授の田久保忠衛氏。


しかし、組織運営の中枢を担うのは新興宗教団体・生長の家に出自を持つ元活動家の面々である。(ジャーナリスト青木理より)


 日本会議の運動の方向を見るには、組織実務を取り仕切る事務総長の椛島有三氏の発言を参考にするのがよい。(資料はAERA2016年07月12日号)


< 今日の日本は、祭政一致の日本の国家哲学を政教分離の思想によって否定する思想風潮がある。(略)政教分離思想によって、祭政一致の国家哲学を否定することは(略)、まさに歴史を冒涜する愚挙と言わねばならない >(同誌90年8月号)

< 天皇が国民に政治を委任されてきたというのが日本の政治システムであり(略)、主権がどちらにあるかとの西洋的二者択一論を無造作に導入すれば、日本の政治システムは解体する。現憲法の国民主権思想はこの一点において否定されなければならない >(同誌93年4月号)

  頭の回転の鈍い私にはよく分からないことが多い。


 「祭政一致の国家哲学の否定は歴史の冒涜で、現憲法の国民主権思想は否定されなければならない。」ということはどういうことか。これからの私の学習課題は、祭政一致と国民主権の現憲法についての学習を深めること。
 

それが国民生活とどうつながっているのか。

教育の基本 22  これから憲法改正で話題になる人々

  日本会議役員名簿  平成29年9月1日現在・50音順(日本会議ホームページより)  


[名誉会長]   三 好    達  元最高裁判所長官
[顧 問]    石 井 公一郎  ブリヂストンサイクル(株)元社長
         北白川 道 久  神社本庁統理
       鷹 司 尚 武  神宮大宮司
[会 長]    田久保 忠 衛  杏林大学名誉教授
[副会長]    小 堀 桂一郎  東京大学名誉教授
         田 中 恆 清  神社本庁総長
[代表委員]   秋 本 協 徳  新生佛教教団最高顧問
       石 原 慎太郎  作家
       板 垣   正  元参議院議員
       伊 藤 憲 一  青山学院大学名誉教授
       稲 山 霊 芳  念法眞教燈主
       今 林 賢 郁  (公社)国民文化研究会理事長
       入 江 隆 則  明治大学名誉教授
       打 田 文 博  神道政治連盟会長
       大 石 泰 彦  東京大学名誉教授
       岡 田 光 央  崇教真光教え主
       岡 野 聖 法  解脱会法主
       小 串 和 夫  熱田神宮宮司
       尾 辻 秀 久  日本遺族会会長
       小 野 貴 嗣  東京都神社庁庁長
       加 瀬 英 明  外交評論家
       城 内 康 光  元ギリシャ大使
       慶 野 義 雄  日本教師会会長
       小 堀 光 實  比叡山延暦寺代表役員
       佐 藤 和 男  青山学院大学名誉教授
       澁 木 正 幸  日本会議経済人同志会会長
       志 摩 淑 子  (株)朝日写真ニュース社会長
       住母家 岩 夫  NPO法人持続型環境実践研究会会長
       関 口 慶 一  佛所護念会教団会長
       千    玄 室  茶道裏千家前家元
       髙 城 治 延  神宮少宮司
       竹 本 忠 雄  筑波大学名誉教授
       寺 島 泰 三  (社)日本郷友連盟会長、英霊にこたえる会会長
       德 川 康 久  靖國神社宮司
       冨 澤   暉  (公財)偕行社理事長
       中 島 精太郎  明治神宮宮司
       中 野 良 子  オイスカインターナショナル総裁
       長谷川 三千子  埼玉大学名誉教授
       廣 池 幹 堂  (公財)モラロジー研究所理事長
       保 積 秀 胤  大和教団教主
       丸 山 敏 秋  (社)倫理研究所理事長
[監 事]    加 瀬 英 明  外交評論家
         澁 木 正 幸  日本会議経済人同志会会長


[理事長]    網 谷 道 弘  明治神宮崇敬会理事長
[事務総長]   椛 島 有 三  日本協議会会長
[事務局長]   松 村 俊 明  日本会議常任理事


 以上の役員を始めとする中央本部役員約400名、47都道府県本部役員約3100名がご就任です。


 実質、組織を動かすのは [会 長] 田久保 忠 衛 杏林大学名誉教授 [理事長] 網 谷 道 弘 明治神宮崇敬会理事長 [事務総長] 椛 島 有 三 日本協議会会長 [事務局長] 松 村 俊 明 日本会議常任理事。

教育の基本 21  日本会議の目指す国づくり

 引用が長くなりますが、要点を抜粋してこれからの話題にしていきます。(日本会議のホームページより)


  日本会議が目指すもの


1 美しい伝統の国柄を明日の日本へ

  皇室を敬愛する国民の心は、千古の昔から変わることはありません。・・・略・・・

常に揺るがぬ誇り高い伝統ある国がらを、明日の日本に伝えていきたいと思います。私たちはそんな願いをもって、皇室を敬愛するさまざまな国民運動や伝統文化を大切にする事業を全国で取り組んでまいります。


2 新しい時代にふさわしい新憲法を

  ・・・略・・・新しい時代にふさわしい憲法の制定をめざし、平成5年に「新憲法の大綱」を発表し、平成13年には有識者による「民間憲法臨調(三浦朱門代表)」が設立され、共に新憲法制定の世論喚起につとめています。日本人自らの手で誇りある新憲法を創造したい、これが私たちの願いです。


3 国の名誉と国民の命を守る政治を

  ・・・略・・・独立国としての名誉と国益を重んじ、国民の生命と財産を守る確固とした政治の再生が求められています。

  そのために私たちは、日本的伝統の価値を大切にし、多数の国民意思を尊重する責任ある真正保守の政治の実現をめざし、広く国民運動を推進します。


4 日本の感性をはぐくむ教育の創造を

  いじめや自殺、非行の増加や援助交際といわれる性道徳の乱れなど、いま学校教育は崩壊の危機に直面しています。・・・略・・・

  教育は国家百年の計といわれます。私たちは、誇りあるわが国の歴史、伝統、文化を伝える歴史教育の創造と、みずみずしい日本的徳性を取りもどす感性教育の創造とを通じて、国を愛し、公共につくす精神の育成をめざし、広く青少年教育や社会教育運動に取りくみます。


5 国の安全を高め世界の平和貢献を

  国なくして私たちの生活も基本的人権も守ることはできません。・・・略・・・私たちは、政府に国際社会に通用する安全保障政策の確立を求めるとともに、戦没者を追悼する心を広く国民の中に涵養し、平和と安全のため国を守る世論を喚起していきたいと思います。


6 共存共栄の心でむすぶ世界との友好を

  ・・・略・・・

  わが国は、こうした民族の精神文化を大切にしながら、いっそうの国際理解を深め、それぞれの国の伝統・文化を相互に尊重しあう友好親善を進めて、各国同士の共生共栄の実現に努力すべきでしょう。私たちは、国民運動を通じて世界の国々との友好事業をすすめ、わが国の文化を世界に発信するとともに、世界各国の文化を尊重する心を育んでいきたいと思います。

 次は、日本会議の役員名簿、各人の発言などを設立総会からの歴史を追って紹介していく、詳しくそして正しく知らない限り意見を述べることは難しい。
 「教育基本法」「教育三法」「学習指導要領」「教科書検定制度」が日本会議の肝いりでどう変わったのか新旧の変化を具体的に取り上げて比較してみる。


 日本会議のホームページを読んでいて感じたことは、日本会議が取り組んでいる方向をはっきりと公表していることがよい。ただその思想を受け入れるかどうかは国民一人一人の意志にかかっている。


 これから少し丁寧に理解を深めていきたい。今後、日本の国の在り方を方向づけていく重要な「日本会議」の国民運動である。百年二百年先を見据えた運動であろう。