yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸を見れば 39  福岡藩主の江戸参勤中止

 1641年 寛永18年辛巳(かのとみ)2月8日に江戸参勤をやめて異国船の来港に備えさせた。
 異国船というのはマカオを拠点とするポルトガル商船のことである。


 江戸の大火が続く、1月に京橋桶町から出火して97町1929戸焼失し、死者380人余りを出した。3月には、日本橋から出火して大工町・油町に延焼した。


 江戸の防火体制は喫緊の課題であった。


 将軍の長男家綱誕生、慶賀のために家門の家々で慶宴や猿楽はよいが風流踊りなどは禁止のことを示達した。饗宴も二汁五菜までとすること。
家門=三家・三卿を除く徳川将軍家の親族。越前松平家、会津松平家などの一門とその支流で、大名家挌の一つである。


 日本列島は火災、地震、洪水などで飢饉、餓死者が続出し、米騒動や農民一揆で慢性的に荒れていた。外国との関係も通商問題で厳しい状況で幕藩体制も一歩間違えば崩壊の危機が迫るような世情であった。


 我々の知識では徳川幕藩体制は強力な揺るぎのないものであると思い込んでいたが、一皮むけば多くの問題を含みいつ倒れても不思議ではない状況であった。
 しかし、徳川幕府に変わる受け皿がないのが、今の政権と似たところがある。今の政権も新しい受け皿ができれば一気に流れが変わっていく状況である。
 今、新しい受け皿の芽ができつつあるようだ。この受け皿を確かなものに育てていくのも国民の力である。いつの世も国民の力を結集していく知恵と力を持つことしか大衆の幸せは実現できない。


花かるた 色は匂へ 「の」の4 野菊 秋

     どこにでも坐りたくなる野菊晴   坂口夢塔


   


    大空のあけつぴろげの野菊かな   依田秋葭


   

           季節の花300より


花言葉は「思慮深い」(菊)「真実、元気」(小菊)「いつも愉快」(蛇の目菊)「私はあなたを愛する」(スプレー菊)「困難に耐える」(東雲菊)


  作詞:石森延男、作曲:下総皖一

1 遠い山から吹いて来る 小寒い風にゆれながら けだかく清くにおう花

  きれいな野菊 うすむらさきよ

2 秋の日ざしをあびてとぶ とんぼをかろく休ませて しずかに咲いた野

  辺の花  やさしい野菊 うすむらさきよ

3 霜が降りてもまけないで 野原や山にむれて咲き 秋のなごりをおしむ

  花 あかるい野菊 うすむらさきよ



つぶやき 85  こんなひとたちを

 こんな人たちを日本国家の顔として持つ日本の国民はみじめ。


 国際的に本当に日本は信頼されているのだろうか。自国民の声を聞かない、自国民を騙して国政を担当している顔、顔。顔の群像。


「自民党がいろいろ言われていることは知っている。そんなことに耳を貸さないで頑張らなくてはいけない」
「加計学園」問題などを念頭に、「いろいろ話題に乗せられたことがあるが、くだらんことは常識外れだから、切り捨てて前を向く」
「いいかげんなことばかり喜んで書く人がいる。われわれも料金を払って購読している。責任を持ってやってほしい」


「総理が言えないから、私が代わって言う。」そんなことを言ったとか言わなかったとか言った人を思い出してしまった。


 こんな人を選んだのは国民であるから、選んだ国民も片棒を担いでいる。


 そんな国民の顔、顔、顔を誰が批判できるだろうか。かつて自分もこんな人を選んだ中の一人である。
 今も外面だけでは「こんな人」なのか「どんな人」なのかわからない。


「こんな人」か「どんな人」が良く分かるような報道をするのが「マスメデア」新聞、放送、出版などの役割である。であるのに「マスメデア」が「こんな人」を恐れていい加減な報道をしてお茶を濁している。


 新聞、放送、出版社よ。原点に立ち返り事実の正確な報道をしようよ。


 こんな国では、拉致問題の解決などできっこないよ。国民に信頼され、どのような国からも信頼されて初めて外交関係が成り立つと思う。信頼されていない日本国を自覚しよう。   さて、どうしますか。


江戸を見れば 38  家光のマンネリ化か

 1640年 寛永17年庚辰(かのえたつ)将軍も18年になると少しマンネリ化してきた点も見受けられる。


 4月5日に江戸城本丸の再建が成り、家光はニ丸から本丸へ移動した。諸大名からの進物は莫大なものであった。諸大名や幕臣に倹約令を出しているのに当の家光は遊猟や御前試合、茶会や能楽と浪費がかさんでいた。


 江戸庶民の生活の変化も最初に髪型に現れた。髪型を変えることが一番の手っ取り早く金のかからない心の表現であることは、今も昔も変わらない。


 江戸で髪結職人に鑑札を下付する。


鑑札=営業または行為を許可した証。あらゆる面で「鑑札」という言葉で規制していた。規制することによって、相当の金銭が動いていた。


 男性の髪型が複雑化していき髪結いを専業とする職人が生まれた。町の辻角や橋詰めに小店を構えて髪を結い髭をそった。その人数が増えてきたので制限する意味で監察を下付することにした。
 その後も社会の要求で職人は増え続け無鑑札の者が多くなった。


 後に社交場としての床屋(髪結床)が発展して、江戸落語や講談のネタを提供することになる。


 このような新しい社会の流れの中でもキリシタンの取り締まりは厳しく、諸大名に領内のキリシタンの禁断、違反者や結党者の速やかな殺害を示達した。
 6月には、天領に宗門改め役を新設した。キリシタン絶滅に向かっての寺請け証文と宗門人別帳がつくられ明治6年(1873年)まで続く。


江戸川柳 色は匂へ  「に」の2 二 階

 二かいから落ちた最期のにぎやかさ   ガラガラどしん


 二階から落ちて最期を迎えるのは大変な騒動の中で息を引き取ることになる。静かに湿っぽく息を引き取るのとは大違い。大変だよね。


 二階から小便せぬでかどがあり    ごもっとも


 吉原の遊女の部屋は二階にあるのでトイレも当然二階にあった。したがって二階で小便をして初めて一人前になると。角も取れて一人前の社会人となる。江戸の男社会の身勝手な常識になっていたようである。


 二階から招くとは嘘しがみつき    生活がかかってるんだよね


「吉田通れば二階から招く、しかも鹿の子の振袖で」と歌われた吉田(現在の豊橋)は、東海道では御油(ごゆ)、赤坂とならび出女の多いところで、二階から招くどころか直接行動でしがみついて引きずり込む。


出女=江戸時代各地の旅籠(はたご)に居た売春婦。おじゃれ。
おじゃれ=おじゃるの命令形。呼び込みの語、江戸時代旅人宿の下女で客引
     きをした。売色などもした。
御油=愛知県豊川市にある東海道の宿駅。
赤坂=愛知県宝飯(ほい)郡音羽町、東海道五十三次の一つ


 江戸封建社会の一部の女性の生き方には基本的人権などはなかった。一部の女性だけではない大多数の人も基本的人権などはなかった。


 幕藩体制に背くものは容赦なく抹殺されていった。キリシタンの処刑や農民の訴訟における越訴なども処刑の対象になっていた。農民一揆でどれだけの日本人が殺されたのだろうか。


 江戸封建社会の事実を確りと学習しなければ民主主義社会の問題もとらえることはできない。