yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸を見れば 113  トランプさんも脱帽か

 1715年正徳5年乙未(きのとひつじ) 新井君美(白石)は、貿易の撤廃を考えていた。


 海外との貿易によって金・銀・銅の流出が多くなり国内での鉱産額はしだいに減少し、国内経済に大きな影響を与えた。
 新井白石は、貿易の制限と薬品以外の自給自足、そしてできれば貿易の撤廃を考慮していた。


 中国やオランダとの貿易が深刻な影響を与えていた。
 今のアメリカ経済の状況に似ている。トランプ大統領の貿易対策が日本に与える影響がみものである。


 相変わらず。日本列島は大火や洪水と自然災害に見舞われて庶民の生活は大変であった。そのような状況で、上級武士による改竄、隠ぺい、収賄が多発して幕府はその対策に追われていた。


 金奉行の平岡某は、公金紛失と収賄の罪で追放され、漆奉行の加藤某も虚偽の申請(改竄)で士分を除籍された。


 幕府は御用商人や御用職人の贈賄を禁止する通達を重ねた。


 禁止をしようが通達を出そうが刑罰をあたえようが、改竄、隠ぺい、収賄は一向に減らなかった。
 なぜか、今の政治家と官僚と民間企業の関係を思い出してしまう。


 一方で富裕層の生活は派手になって、京、大坂、江戸ともに呉服屋が繁盛し大もうけをしていく時代である。


 近松の「国姓爺合戦」が大坂竹本座で初演された。明と日本の混血児が活躍する話。外国に目を向けるきっかけになるドラマで大人気を得た。
 17か月の続演を記録した。



http://www.ctb.ne.jp/~bonta108
 遊行ライフ十人十色

つぶやき 132 政治家の行動を百年は語り継ごう

 あんたのじいちゃんが「働き方改革法」をつくってくれたので、俺たち働く者は生活がよくなったよ。
 あんたのじいちゃんが「働き方改革法」をつくったんで、格差は広がるしこき使われるし働く意欲がなくなったよ。


 政治家は法律をつくりっぱなしで後は野となれ的に関心を持たなくなる傾向がある。


 検証が苦手な日本人は相当大きな問題でもすぐに忘れてしまう。


 これは国民全体が意識改革をしない限り百年語り継ぐ歴史と伝統は生まれない。忘れてはいけないことを10年も経たない内に忘れてしまう。
 中には、3年前のことで記憶にも記録にもありませんという。


 支持する政治家から活動報告のレポートが届く時期になった。


 これまでの票を取るための後援会組織から、一人一人の意見、考えを伝える後援会にしなければならない。
 その先頭に研究者(学者)が立って欲しい。一人一人が直接考えを述べるのは抵抗があるので、しばらくは少人数グループで意見をまとめて後援会活動に参加してもらいたい。
 そして先頭に立つリーダーは資料を整理して、百年後の検証に役立てるように残し、語り継いでいかなければならない。


 日本人として、忘れてはいけない問題を整理して、国民に提供して語り継いでいく歴史をつくろう。


 それが学者や評論家や小説家や映画監督、そして教師の仕事前であると思う。


 あなたは何を語り継いでいきますか。国民一人一人の課題でもあります。


 私は「教育の基本」を語る資料をつくりたいと整理しています。



http://www.ctb.ne.jp/~bonta108
 遊行ライフ十人十色

つぶやき 131  大分県民として恥ずかしいよ。

 「いいかげんにしろ。」と、やじを飛ばして厳重注意を受けた自民党(細田派)の穴見陽一氏は大分県一区から選出された衆議院議員である。


 大分県民の一部の人が選んだとはいえ、県民の一人として恥ずかしい。


 大分県民よ。「いいかげんにしろ。」と言いたくなる。次期選挙も目の前にちらついてきた大分県一区の皆さんはどんな気持ちで選挙に臨むのでしょうか。


 ただ、比例代表一本に回れば選んだ側の意識をうんぬんすることは難しくなる。比例代表というのは問題議員を隠す効果もある。


 彼は大分県佐伯市出身(現在は大分市に在住)で、昭和63年に大分県立上野丘高等学校(県内随一の県立進学校)を経て、平成元年に法政大学経済学部に入学、平成6年法政大学経済学部経済学科を3年で中退。大学時代には幸福の科学に所属した。
 平成6年 株式会社ジョイフル 入社 ジョイフル萩原店副店長。
 ジョイフル創業者の穴見保雄の長男。同社顧問(元社長)でアメイズ副社長の児玉幸子は叔母、現社長の穴見くるみは妻、アメイズ現社長の穴見賢一は実弟である。


 2007年に自由民主党の衆議院大分1区の候補者公募に応募。当初選ばれた候補者が辞退したため、最初の選考委員会の決選投票で次点だった穴見が繰り上げで選ばれた。


 2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙に自民党公認として大分1区より立候補。公明党の推薦も受けたが、民主党の吉良州司に約6万票という大差を付けられ落選し、比例復活も叶わなかった。


 2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙に自民党公認・公明党推薦で大分1区から立候補し、吉良を破って初当選した。


 2014年12月の第47回衆議院議員総選挙において、大分1区から立候補し、小選挙区では敗れたものの、比例復活で再選。


 2017年10月22日の第48回衆議院議員総選挙では、再び小選挙区の議席を奪還し3選を果たした。


 彼は小選挙区で2回、比例代表で1回当選の衆議院議員3期である。
 現職は、厚生労働委員会、経済産業委員会、環境委員会、消費者問題に関する特別委員会に所属している。
(以上、資料はWikipediaと穴見陽一氏のホームページより)


 彼が国民を代表する仕事をするのにふさわしいかどうかは、公の情報を通してしか知る術はない。その限られた情報の中で、彼に仕事をお願いするかどうかは、小選挙区では大分県民の一部、比例代表では日本国民の一部の人の投票行動にかかっている。


 大分県民として「いいかげんにしろ。」と言われないように行動しなければならない。本当に恥ずかしい。



http://www.ctb.ne.jp/~bonta108 遊行ライフ十人十色


 

つぶやき130 自 撰 めも句  その2

一度も鳴らぬ携帯電話をポケットに一日が終わる
  (80過ぎるとこんなものか。まあいいか。)


母の日の雨上がり雀が枝の先で揺れている
  (ツルゲネフの勇敢なる小雀を思い出す。母は強し。)


上手な歳の取り方 馬鹿な 上手も下手も齢を取る
  (歳相応の顔は持ちたい。無理かな。)


つつじを日の当たる場所に移したら花が咲いた
  (人も日の当たる場所に置けば光るよ。)




江戸川柳 色は匂へ  「の」3鋸(のこぎり) 4 覗機関(のぞきからくり) 5 後の妻 6 飲む

3 鋸(のこぎり)


いきが切れますとのこぎり貸してやり  のこ切れないよ。息は切れるよ。


鋸の刃を立てる内嫁隣         ギーコギーコとうるさくて暫くお隣りへ。


4 覗機関(のぞきからくり)


  参考 覗機関(のぞきからくり)は屋台の腰に眼鏡をつけて子どもに説明入りの紙芝
     居を見せる路上の見世物。


はなをよくかみなさいよとのぞき言ひ  あおっぱな拭いてからだよね。


かゝさんにねだって来なと覗き言い   見料は4文だ。4文だ。


何が出たかのぞきの子笑ひ       気になるなあ、代わって、早くう。


5 後の妻


又伯母というふかとしかる後の妻    母さんとはなかなか言えない。難しい母子関
                   係。今も昔も。


6 飲む


のむやつらとは下戸のいふ言葉也    飲めない奴には分からねえよ。


のまぬやつ弁当くふと花にあき     飲む奴には分からねえよ。