yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸を見れば 56 大村藩キリシタン処刑つづく  芭蕉15歳

1658年明暦4年戊戌(つちのえいぬ)万治元年(7月23日)


  年の明暦3年に大村藩ではキリシタンを90人逮捕してその内の56人を島原で処刑した。
 つづいて、本年も603人逮捕して処刑をしている。キリシタン禁制の高札を出して、取り締まりを厳しくしている。


 大村藩とはどんな藩であったのか、外様大名であった。
 大村喜前ははじめ、ドン・サンチョという洗礼名を持つキリシタンであったが、慶長7年(1602年)に加藤清正の勧めを受けて日蓮宗に改宗し、キリシタンを弾圧した。そのため元和2年(1616年)にキリシタンによって毒殺されたともいう。
 外様大名であるということと過去の因縁から殊更にキリシタン弾圧が厳しかったのであろうか。


 高札の内容 訴人への賞金の増額を知らせる。
 バテレンは銀200枚を300枚に、イルマンは銀100枚を200枚に、同宿・門徒は事情により銀30枚から50枚。なお隠匿が発覚すれば五人組まで処罰する。


 芭蕉が奉公した五千石の藤堂新七郎家の様子はどうであったのか。奉公人の人数はおよそ12人から13人であった。
 奉公人の仕事内容は「男は主人や家族の供、走り使いなどの外出仕事から、水汲み、薪き割り、米つき、野菜作り、縄ない、草履・わらじ・馬の沓づくりなど」と多岐にわたっていた。
 
 芭蕉は奉公人の中でも最下級の小者中間で、年俸に直すと1両1分から2両までであったと考えられる。仕事の中心は藤堂新七郎家の料理人である。


 幼弱な新七郎家の跡取りのお供をして、俳諧の場に同席できたことが俳諧への興味や知識を積む学習となった。


花かるた 色は匂へ 「ふ」の3 富士桜(夏)

  富士桜こゝに一瀑ありてよし   廣瀬海星

  富士桜日和の風の冷たかり    副島いみ子


  
         季節の花300より


  山道のいづれを来しも富士桜   勝俣のぼる


  

         季節の花300より


 富士桜は別名、「乙女桜」「豆桜」とも呼ばれている。富士山麓に多く富士吉田登山道大石茶屋辺りには群生しているそうです。花色は白またはうす紅色で、やや小さく下向きに開くのが特徴である。





江戸を見れば 55  旗本奴が町奴を殺害 芭蕉14歳

 1657年明暦3丁酉(ひのととり)7月、水野十郎左衛門茂之が幡随院長兵衛を殺害する。


 町奴の長兵衛が、水野の旗本奴の屋敷へやってきて遊里へ誘ったが、水野が今日は都合が悪いと言って断ったのに立腹して、自分の勇気が恐ろしいから断ったのだと罵倒し無礼なふるまいをした。


 水野も怒って長兵衛を討ち捨てた。


 町奴の強きをくじき弱きを助けるという侠気が武士に対抗するという庶民意識に支持されて旗本奴との対立が当時の背景にあった。


 芭蕉の記録が確認された初めが、芭蕉14歳の年である。


 芭蕉は武家奉公に出た。奉公先は藤堂主計(かずえ)良忠蝉吟子(よしただせんぎんし)に仕え大変に寵愛を受けたということである。
 蝉吟は俳号で、子は敬称。良忠は、藤堂新七郎家の嗣子、幼弱であった。
 その良忠について芭蕉も俳諧の場に参加できたようである。その頃に創ったといわれる芭蕉の句があるが、本当かどうか問題があるようだ。


  いぬとさるの世の中よかれ酉の年


 芭蕉が奉公した新七郎家は藤堂藩伊賀付きの士(さむらい)大将で石高は五千石、伊賀では城代をつとめた七千石の藤堂釆女家につぐ家柄であった。
 新七郎家の当主は代々新七郎という通称を襲名した。芭蕉が仕えた当時の当主は名乗り(本名)藤堂良精(よしきよ)と称した。


 武家奉公人は正規の家臣ではなく一時雇が原則であるが、終身雇用のケースもあった。
 芭蕉は、幼弱な七郎家の跡取りに巡り合ったことが俳聖への道への第一歩であったと考えられる。  幸運なめぐり逢い。


江戸を見れば 54  貧富の格差が広がる

 1656年明暦2年丙申(ひのえさる)消費生活の向上に伴い貧富の格差が著しくなってきたのがこの時代である。
 手を変え品を変えて、禁止令を出したり、5人組を組織したりして取り締まりを厳しくしても幕府の思うようにはいかなくなった。


 2月には、手拭で頬被りしたり、覆面をしたりすることをまず禁止。これは盗賊の横行に対する処置、美麗な服装や派手な生活の風潮を禁止。かぶき者や太い緒のかぶりものを逮捕する。


 鶺鴒組(せきれいぐみ)=旗本奴の一集団。町奴とならんで旗本・御家人の二、三男が無頼化して、かぶき者とか六方といわれて、組をつくって市中を横行した。
 旗本奴=旗本の不平の徒で男伊達の行いをしたもの。
 町奴=市中の侠客。旗本奴に対して、浪人や口入れ人などの町人がなった。おとこだて。下町奴。
 かぶき者=異様な風体をして大道を横行する者。軽佻浮薄な遊侠の徒や伊達もの。
 六方=六法とも書く。六法組の略。侠客、旗本奴、町奴を指す。


 12月には、江戸長崎町の吉原遊里を浅草山谷村に移転させ、新吉原となる。
 移転の理由は、元吉原の周囲が急速な都市的発展により町家の中に囲まれたため。住宅街の真ん中に遊里があるのは問題があるのは今も昔も変わりのないことである。
 遊里のお得意さんは武士層が多かったということである。


 戦後の愚連隊にせよ後の暴走族にせよ発生の背景はよく似ている。



つぶやき 98  現場の教員たちに謝らないと

  ~週刊東洋経済「学校が壊れる」のつづき~


 前川喜平前文部科学省事務次官は言う。
「学習指導要領で授業時数が増えた分1人当たりの勤務時間の増加でカバーしてもらっている。・・・これについては現場の教員に謝らなければならない。」
 前川喜平・前文部科学省事務次官、事務次官といえば事務方のトップである。
 その道の専門家の解説を聞いてみないことにはその法律が持つ問題点やその法律が生活にどう影響を与えるのかも理解しがたい。


「給特法」(時間外勤務手当や休日給は支給しない代わりに給料月額の4%分の教職調整額を支給する)
 これが、学校をブラック化させている元凶だという。4%の調整額で制限なしの超過勤務をさせることができるようなった。このために教育委員会も管理職も本気になって勤務時間の管理をしようとしない。
 4%を廃止して、時間外勤務手当にすれば支出を抑えるために勤務時間の管理が厳しくなって、結果、サービス残業がなくなり、学校のブラック化が解消されると。財務省は大反対。

 誰だったか忘れたが、「三位一体改革」などと言って、法律の魔法に引っかかって騙された記憶がある。
 国から地方に出している補助金や負担金をへらし、その代わり負担金に見合った財源を地方税の形で回し国税は減らす。
 地方の財源が増え、自由度が高まるので地方分権にかなう。地方税が増えるのだから、地方交付税は減らすと。

 財務省や総務省、厚生労働省や文部科学省などが入り混じって、法律をそれぞれの省に良いようにつくるので、教育委員会や管理職レベルでもその法律が学校経営にどう影響するのかわからないのが実情である。

 「給特法」ができる時に教員組合を中心に現在起きている問題点を指摘して反対をしたが、既定の方針通りに給特法が成立した。法律を一つ一つ見ても問題点は分かりにくいように考えられている。
 法律の流れと複数の法律を関連付けて考察しなければ法律の本当のねらいや問題点が分らないように仕組まれている。

全くの素人のホームページです。「遊行ライフ」

参考資料やポイントを教えてください。