yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「め」の4 女敵 5 目黒 6 飯焚 7 目見得

            
4 女 敵(めがたき)


  めがたきはうつ方が憎ていなつら   どう見ても敵の方がいい男だな。


  参考 女敵=自分の妻と密通した男。憎ていなつら=人相が悪い。


5 目 黒


  畳をたたき立てどこの目ぐろだよ   焼くほど亭主持てやせんで。


  参考 目黒=江戸の南郊、目黒不動は28日の縁日に参詣が多い。近くに品川があ
     る。目黒と言って品川に直行する方もいる。
     畳をたたき立てて腹を立てる。この場合女房の焼餅。


6 飯 焚(めしたき)


  めし焚に婆アを置いて鼻あかせ    手をつけるならどうぞ。あんた。


7 目見得(めみえ)


  目見え乳母大はだぬいで両手つき   みてくださいませ。よく乳でるよ。


  参考 目見得=面接試験。奉公人を雇うときの主人の面接。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。