yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「さ」の4 采(賽) 5 西行 6 在五 7 才蔵

4 采(さい)


  采は所持したと島田でおっぱじめ   いずこも同じ退屈しのぎ。


  参考 采=さいころ 島田=東海道の一駅、大井川を隔てて金谷縮に対する。川止め
                にあった男の退屈しのぎは将棋・碁・博打とそんなところであった。


5 西 行


  とっぷりと暮れて西行沢を立ち     秋の日ははやい。さてと。


  参考 西行=俗名は佐藤義清(のりきよ)平安末の歌人。
     「心なき身にもあはれは知られけり鴫立沢の秋の夕暮れ」
      定家・寂蓮の歌とともに「三夕」といわれている。


6 在 五(ざいご)


  ちっとおひろいあそばせと在五言い   姫、結構重いよ。


  参考 在五=在原家の五男の意味(在原業平)。阿保親王の第五子歌人で容姿端麗、
    放縦不羈、情熱的な和歌の名手、色好みの典型的な美男とされ伊勢物語の主人公
    と混同されている。
    おひろい=歩行の尊敬語。姫を背負って恋の逃避行を行った。芥川で「すこしば
    かり御歩きになっては‥と言って姫を背から降ろしたであろうと。想像した句。


  一度ぎりならしてやろうと在五言い   相当な美男ですね。


7 才 蔵(さいぞう)


  才蔵のほまれは嫁をころげさせ     笑う門に福を呼ぶ。


  参考 才蔵=三河万歳の脇役、大黒頭巾をかぶり鼓を叩く道化役。おかしな腰つきで
    下ネタで笑わせる。若い嫁などは顔を赤くして笑いころげる。それが才蔵の腕の
    見せ所。
      
     またぐらへ鼓をあてゝふざけ出し


     馬鹿ばかり言って鼓をたゝく也

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。