yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

つぶやき 144  五遁の術 水増しの術があったとは

 古来の忍法に敵から逃走する際に「火遁・水遁・土遁・木遁・金遁」の五遁の術がある。


 火遁の術=火を使って火災や煙を利用する。
 水遁の術=水を利用して、潜水したり水の上をはしったりする。
 土遁の術=土や石を投げつけて相手をひるませる。
 木遁の術=草木を利用して隠れる。木材を崩して追い手を眩ます。
 金遁の術=銭を撒いて逃げる。


 現代にも使われているのは、「火遁」と「金遁」の術ぐらいであろう。


 火災や現ナマの裏には何らかの事件が潜んでいることが多い。


 現代忍法として新しく「水増しの術」を水遁の術の中に入れるべきかどうか。忍法というよりこれだけ広範囲に大ぴらに使われては、火攻め、水攻めと同じように「戦術」として位置付けた方がよいのかも。


 「水増しの術」驚きましたね。
 障碍者雇用促進法で行政機関に対して23%以上の雇用を義務付けているのに実際の雇用は1.19%と話にならん。
 民間では法的雇用を下回った場合、不足者一人につき月に5万円の納付金を支払わなければ罰せられる。


 国や地方の行政機関にはこの罰則規定がない。


 衆参両院の国会図書館や裁判所などで合計400人以上の水増しが行われていた。
 全国の行政機関や教育委員会でも水増しの術を大いに利用している。
 神奈川県知事部局と教育委員会を合わせると144人。埼玉県境域委員会が143.5人、千葉教育委員会が82人。大分県教育委員会が66人と今わかっているだけでも全国37府県で「水増しの術」を使っているのが判明した。


 国土交通省は600人とけた違い。


 麻生太郎「障害者の数も限られているからこの数を取り合うみたいな形になると、また別の意味での障害、弊害が起きる。」


 この人の頭の中はどうなっているのだろう。大丈夫ですか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。