yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

自 撰  めも句  その4

 どんと打ち上げて一瞬輝いて果てる
   (一瞬を輝かせるために毎日頑張っている。)


 勲章に縁のない二人で秋をドライブ
   (割れ鍋に綴じ蓋で行こう。)


 季語を捨てたら心が自由になった
   (形あるものは捨てやすいが、思いや夢は捨てにくい。)


 古希を過ぎたら少しわがままに生きる
   (そう思いながら規律正しく傘寿を過ぎた。)


 いい酒を下戸と楽しむ古希の宴
   (夫婦そろって大酒飲みも大変だ。)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。