yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「や」の3 焼餅 4 屋形者 5 薬鑵(やかん)

3 焼 餅


  焼きもちは人に喰わせぬ工夫なり    そんな焼き方もあるのか


  灰寄せに行くが女房の焼おさめ     灰寄せ(火葬の骨を拾うこと)


  やきはしやせんと女房いぶす也     いぶす手もあるんだ


  やく女房千人なみの下女をおき     千人なみでも油断はできない


4 屋形者(やかたもの)


  けいせいのす顔であがるやかたもの   悲しい遊びの国侍、下級武士の定め


  参考 屋形者=大名屋敷に仕える者、おもに各藩の勤番武士をいう。
     大名屋敷は暮六ツが門限で、夜間外出はできないのが原則。国に妻を置いて単
     身赴任の若い武士は生理的欲求を満たすために自然と遊里(けいせい)に昼間
     行くことになる。
     遊女は夜の稼ぎで朝が遅い。まだすっぴんで対応をする。


  人は武士正九ツに女郎買       正九ツは正午ですぞ


5 薬 鑵(やかん)


  茶のみ友達で薬鑵の水が減り     年甲斐もなくよせばいいのに


  参考 水が減る=腎水(精液)が減る。薬鑵=禿頭の隠語。


  お互いにいつか薬鑵になりました   気持ちだけは若いんだよ


https://conte55.blogspot.jp/2017/10/saruto.html コントたった一人の女客



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。