yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸川柳 色は匂へ  「お・を」の6 追羽根(おいばね) 7 大江山   8 太 田  9 大門(おおもん)

6 追羽根


   なりふりにかまけ追羽根娘まけ


  (1・2年前までは活発に走り回っていた子が、いい娘になって道行くイケメンが立
   ち止まったりすると、もう大変。なりふりにかまけるわ。)


7 大江山


  大江山美しいのを食ひのこし


  (丹波の大江山で怪物酒呑童子が財宝を奪い人をさらうので、頼光が四天王と平井保
   昌らを連れて、神変鬼毒酒に酔わせて討ち果たす。酒呑童子も美人は残していてお
   いただろうと。)


  退治してから足弱のつれがふえ


  (残った美人たちもさぞ高齢者になったことだろう。)


8 太 田   太田道灌の略


  山ぶきの花だがなぜと太田言い


  (この時、太田はまだ古歌に造詣がなかった。それから、和歌を学ぶようになったと
   さ。 
      わが庵は松原つづき海近く富士の高嶺を軒端にぞ見る  道灌)


9 大 門 


  大門を出る病人は百一つ


  (吉原の大門を病のために出される遊女が命を取り留めるのは百人に一人ぐらいか。
   廓のうちで死んだ場合はこもで包んで投げ込み寺に埋められる。三ノ輪の浄閑寺に
  は無縁塔が現存する。)


  大門をふり袖で出る果報もの


  (振袖を着る年ごろで身請けとは運のいいこと、運のいいこと。)


http://www.ctb.ne.jp/~bonta108  遊行ライフ十人十色




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。