yukemuriのブログ

コント(掌編小説),いろはカルタ随想、江戸川柳色は匂へ、花かるた色は匂へ、趣味の5・7・5アラカルト俳句と川柳。

新しく「江戸を見れば」265年の整理に取り組んでいます。

江戸を見れば 110  賄賂で勘定奉行を罷免

 1712年正徳2年壬辰(みずのえたつ) 古今東西いずこも同じ、権力にまつわる贈収賄事件が花ざかり。


 17年間の実績を持つ勘定奉行、荻原重秀が賄賂によって巨額の富を蓄積したという理由で罷免された。


 これは新井君美(きみよし)の三度にわたる決死的な封事(ふうじ、他見をはばかり密封して君主に奉る意見書、意見封事)によるもので、官民癒着のお手本のような賄賂であった。


 御用商人の中でも荻原重秀勘定奉行と深い結びつきがあったのが材木商人の紀伊国屋文左衛門(紀文)と奈良屋茂左衛門である。


 将軍綱吉時代は土木工事が盛んにおこなわれた。工事は入札制であるために賄賂がつきまとっていた。商人は工事を請け負うことで莫大な利益を得、その何割かを権限を持つ人、勘定奉行重秀に贈った。


 新井君美(白石)は、財政窮乏の要因は入札制における役人と商人との結託であると指摘し改革に取り組む。


 勘定奉行重秀の失脚とともに、紀伊国屋文左衛門(紀文)も奈良屋茂左衛門(奈良茂)も共に没落していく。


 日本全国、大なり小なり贈収賄事件は頻発している。日本だけではない韓国、中国と贈収賄事件の生々しいニュースが話題を呼ぶ。


 贈収賄を放置していると最終的には国家が崩壊していくので、時の権力者は監視の眼を厳しくしている。時の最高権力者が賄賂事件にかかわっている場合もある。


 賄賂は古くて新しい永遠の課題である。賄賂問題が無くなることはない。ただ時の権力者がこれをどう利用するかにかかっている。政治家と官僚と企業の三位一体の生き様である。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。